140226cheek.jpg

メイクがつくり出す印象は、人間関係にも大きく影響します。メイクをちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づけるとしたら試してみたいですよね。『印象アップメイク』では、日常のシーン別に、かんたんにできる印象アップのメイク方法を紹介します。

前回は「初対面で「話しやすそう!」と思われるメイクのポイント」というお話。


若々しくみられるのはうれしいけれど、見た目が幼いことで、もしかして損してるかも!? という女性も案外たくさんいますね。

そんなあなたのメイク、どこを変えればいいかわかりますか? まず、真っ先に試してみていただきたいのは「チーク」です。

140226make.jpg

エレガントな大人の女性に見せるチークのポイント

1. 形

幼く見られてしまう女性の多くは、輪郭が丸顔であることが多いですね。もともと丸みのある輪郭に対してまん丸なチークを入れると、ますます顔が丸く見えベビーフェイスの印象に。

ニコッと笑ったときに盛り上がる頬の中央部分から、やや斜め上に楕円形を描くようにチークをのせてみましょう。直線的にのせてしまうと、「できる女風」にはなりますが、女性らしさに欠けてしまいますので、男性受けもねらうなら楕円形がおすすめ

2. 色

しっとりエレガントな大人の女性をイメージさせるなら、落ち着いたローズ系がおすすめです。

濃く鮮やかすぎるローズ系は華やかではありますが、人によっては、「やりすぎメイク」に見えるリスクがあります。男性には、自然な血色を感じさせるくらいの色みのほうが好印象に映ります。

3. 範囲

チークをつけている範囲が広すぎると、形の効果があらわれにくくなります。また、丸く大きくついているチークは幼さを強調したり、せっかくのメイクが「ただの火照り」に見えてしまうことも...。

自分の顔の輪郭にちょうどいい、ほどよい大きさの楕円形になるよう、のせる範囲を研究してみてくださいね!


ぜひ、チークのメイクを工夫して、もう子供っぽいなんて言わせず、素敵な恋愛のチャンスをつかんでくださいね♪ 応援しています!