1. Home
  2. Cosmetics
  3. 「テーマ」を決めるだけで、ワンパターンメイクから脱却できる!

「テーマ」を決めるだけで、ワンパターンメイクから脱却できる!

「テーマ」を決めるだけで、ワンパターンメイクから脱却できる!

140215makeup.jpg

メイクがつくり出す印象は、人間関係にも大きく影響します。メイクをちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づけるとしたら試してみたいですよね。『印象アップメイク』では、日常のシーン別に、かんたんにできる印象アップのメイク方法を紹介します。

前回は「『キラめき女子に見えるメイクの特徴って?」というお話。何か実行してみましたか? 読むだけではなく実際にチャレンジしてみると、毎週ますます美しさに磨きがかかります。ぜひひとつずつでもトライしてみてくださいね。

さて今回は、毎朝メイクをするときの下準備で最も大切なこと、「メイクのテーマ」の決め方についてお伝えします!

メイクがつくりだす自分

女性はメイクを上手に活用できれば、毎日いろんな自分に変身することができます。これは、見た目だけの変身ではありません。その日のテーマを決めて、そのような印象に見えるメイクをして出かければ、内面もなりきることができ、気持ちも行動も変わるものなのです!

たとえば、着物を着て出かけると、自然と女性らしく清楚なふるまいや言葉遣いになったりしますよね。スーツを着ている日はきちんとした敬語で話そうとしたり、ジーンズをはいている日は親しみやすくオープンなコミュニケーションになったりします。メイクにもこれと同じような効果があります。

朝起きて、ボーっとした頭で、なんとなくいつもと同じメイクをするなんて、もったいない! ぜひ「テーマ」を決めてメイクして、毎日を楽しんでくださいね!!

メイクのテーマを決める

テーマを決めるときに一番大切なことは「いまの自分に対する評価をしないこと」。「どうせ私は○○だから...」という思い込みはわきに置きましょう。

あなたの心に向かって「今日1日、生まれ変わって理想の自分になれるとしたらどんな女性になりたい?」という問いかけをしてみてください。考えただけでワクワクしませんか~?

答えがうまく出てこない人は、まずはキーワードから気持ちを探っていく方法もおすすめです。

【キーワード】

かわいい、親しみやすい、知的、エレガント、愛らしい、元気、クール、上品、可憐、明るい、かっこいい、しっとり...などなど。

憧れる! 好き! なんか気になる! などの感情がわくキーワードを選んで、その日のテーマにしてみてくださいね。テーマを決めたら、メイクもいつものワンパターンから抜け出しましょう。

次回からは、シーンや、テーマによって、どんなふうにメイクを変えたら印象が変わるのか、具体的なメイク方法もお伝えしていきます。どうぞお楽しみに♪

Make-up brush image via Shutterstock

メイクセラピスト/塩月美香子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    5. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    6. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    9. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    9. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    「テーマ」を決めるだけで、ワンパターンメイクから脱却できる!

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • NATURE REPUBLIC/マッコラ(MACCOLA)ソープ
      • キラキラ☆アイランド
      • by Amazon.co.jp
      • モルトベーネ ロレッタ キラキラ シュー 180g
      • ヘルス&ビューティー
      • by Amazon.co.jp