131010kaikan.jpgこんにちは。ガーリー風水アドバイザーのMIREYです。前回、感じる女になるための3つの鍵をお話しましたが、今回はその続き。感じやすい体質作りは、思いもよらない様な日頃の習慣と深く関係しているのです。


4. 感じる女の食生活

感じにくいの原因の最大ポイントは「子宮の冷え」。子宮が冷えると硬く弾力性がなくなり、深いオーガズムを得ることができにくいのです。

そしてその子宮の冷えの原因は「美食&過食」と言われています。贅沢すぎる洋風の食事ばかり取り続けていると、感じにくい身体になってしまうのです。

感じる女になるための大切な鍵は「粗食」! 昔から「貧乏人の子だくさん」なんてよく言われてましたが、原因は経済的なことであれ、結果的に性生活にとってはよいことだった訳です。

日本の伝統的な一汁一菜の食事を見直しましょう。低カロリーでダイエットにも最適! 野菜中心のお味噌や糠漬け、納豆などの発酵食品を多く取り入れた食事があなたを感じる女に近づけます。


5.受け入れる快楽を習慣化する

攻め好きのあなたも、今生せっかく女性に生まれてきたのですから、一度は思いきり「受け身」という女の醍醐味を満喫してみましょう。風水では男は陽、女は陰。男は凸、女は凹。

女性性の本質は器であり水なのです。すべてを受け入れすべてをゆだねる快楽。そう積極的な受け身! これはなかなか奥が深いのです。批判的な性格は感じる機能を弱めます。何事も普段からNOではなくYESと受け入れる習慣をつけてみましょう。

仕事上や社会の悪しきシステムに対してなど、NOと言わざるを得ない場面も多々ありますが、できるだけまずはYESを選択してみましょう。たとえば、一番簡単な方法は口癖を変えること。

なんでもかんでも「でもさ~」を頭につける口癖の人は、まずは「そうだよね~」など否定でなく肯定から入ってみましょう。こんなちょっとした口癖が感じる女への近道なのです☆


6. 感じる女のアロマテラピー

感じやすい女子のみなさんは一様に香りに敏感。良質なアロマのエッセンシャルオイルは、感じやすい体質作りにとても有効なのです。

たとえば忙しすぎてイライラがつのり、なかなか恋愛モードに自分自身を切り替えられない人には「イランイラン」を。本来の感じやすい女性性を解放してくれます。過去のあまりよくないSEX体験を引きずっている人には「ジャスミン」を。マイナスの思い込みを解除して幸せなオーガズムを得やすくしてくれます。

女としての魅力に自信がもてない人には、自己否定の解放が得意な「クラリセージ」や「ローズ」を。また批判的な性格の人には、受容性を高める働きのある「サンダルウッド」もオススメ。香りの魔法であなたも感じる女に生まれ変わりましょう☆

Young beautiful amorous couple image via Shutterstock