1. Home
  2. 恋愛
  3. 彼はエッチが下手...? あなたのリードで劇的に気持ちよくなる体位

彼はエッチが下手...? あなたのリードで劇的に気持ちよくなる体位

彼はエッチが下手...? あなたのリードで劇的に気持ちよくなる体位

130128nayami.jpgラブライフアドバイザーの筆者の元には、女子達のエッチの悩みが寄せられます。その中でも多いのが、「彼がエッチが下手!」「体の相性が悪い」という彼への不満。よくよくお話を聞いてみると、「前戯の時間が短い」「エッチに情緒がない」といったもの。エッチと言っても、女子たちは体位の結合具合よりも、快感の入り口であるタッチングを重視しているのです。■彼はエッチが下手かも...と悩む女子たちそれもそのはず、女性はとくに「肌で愛情を感じる」という特徴があるからです。そして、彼とのエッチに悩む女子の思考癖は、「気持ちよくなれないのは彼のせい!」と思いこんでいること。「エッチは、ふたりでつくる愛情表現」です。気持ちよくなれないなら、それを伝えるのも愛情表現。大事なのは伝え方です。エッチのダメだしは、誰にとってもうれしいものでもないので、「角を立たせずにやんわりと」カラダで伝えましょう。女子がじっくりと快感を味わいたいのであれば、オーガズムのスイッチでもあるクリトリスに、シンプルな刺激を一点集中で与え続けるのがオススメ。刺激がシンプルですと、女子が自分のオーガズムの波を把握できるので、女子のペースで気持ちよくなれます。
■愛の3点攻め体位で興奮と快感を!130128nayami2.jpg一方、男性を興奮させたいのであれば、視覚的な刺激が重要! 今回ご紹介する「愛の3点攻め体位」は、ベッドの上でもイスの上でも行えます。男性と後背位で繋がった状態で、彼の片手を自分の胸に、もう片方の手を女性器に導いて。感度の高い場所を3か所同時に愛撫することで、女子は快感を、男性はテクニシャンになったかのような興奮を味わえます。ここでのポイントは、彼の愛撫にオーバーめにリアクションすること。「こうやって、たくさん触られると気持ちいい!」「触りあいっこ好き」と、気持ちよさそうな顔で、「もっとこうしてくれるとうれしいな」を伝えましょう。
上級者は、イスを全身鏡の前に置いて、自分たちのエッチを見ながら行うのもより刺激的! ハッピーで気持ちいいエッチをつくりあげられるふたりは、カラダだけじゃなく心も深い絆で結ばれていくのです。photo by Thinkstock/Getty Images(ラブライフアドバイザー/OLIVIA)

ラブライフアドバイザー/OLIVIA

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    5. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    6. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    彼はエッチが下手...? あなたのリードで劇的に気持ちよくなる体位

    FBからも最新情報をお届けします。