110907elenin01.jpg
image photo by Flickr:Sweetie187

マイスピ過去記事に登場して以来、常にランキング入りするほど世間で注目されているエレニン彗星ですが、ここに来てなんと「消滅」という話が浮上してきました!

「In Deep」さんのブログによると、なんでもエレニン彗星の発見者であるLeonid Elenin(ロシアの天文学者)さんが「エレニン彗星の核は完全に消滅しただろう」と述べてらっしゃるそうなのです。
 

またそれを裏付けるかのように「Southern Comets」にも「エレニン彗星は崩壊されており、近日点に耐えられないだろう」と書かれていました。

これでエレニン彗星にまつわる終末論的な噂も、その彗星の中核が消滅したとなれば白紙になりますよね。

過去記事でもご紹介させていただいたとおり、『マシューブック』(ナチュラルスピリット)シリーズで有名なマシュー君は

「エレニンと呼んでいる天体彗星があなたたちの惑星に危険をおよぼすことはまったくありません」

と断言してくれていましたが、その通りになりそうで胸を撫で下ろした方も多いのではないでしょうか?

肉眼で見えるかも知れないこの彗星を、ひと目見ようと心待ちにしていた天文家の方々にとってはとても残念なことですが、この彗星の噂に翻弄されてネガティブになっていた方には朗報ですよね。

しかし敢えて情報というものをドキドキワクワクの為のスパイスとしてお考えの方には、こちらの説をご紹介させていただきます。

それは、「エレニン彗星UFO説」です!

過去記事の噂の中には「科学者たちは、エレニン彗星はその尾の中にフォーメーションを組んで続く大規模なUFO艦隊を持っていると言っている」というものがありましたが、今度は彗星が引き連れているのではなく、彗星自体がUFOであるという説が浮上してきたのです。

カリフォルニア州のUSC電波望遠鏡が、エレニン彗星のトランジットエリアから発せられる謎の無線信号を受信したという話から発展したこの説ですが、個人的には終末論よりこちらの説のほうが大好物です。

NASAによると、エレニン彗星は動きが一定ではないので不安定な彗星であると位置付けていることや、NASAがエレニン彗星を通常の彗星に比べて何度も観測しているというのは「単なる噂である」と否定しているわりには、実際観測回数は7ヶ月未満の間に2,181回も行われたということの矛盾点が何か隠し事でもあるのだろうかと気になる方もいるようです。

ということで、ここでは夢のあるUFO説で締めくくりたいと思いますが、もし本当にエレニン彗星が消滅したという事実が公表されたとしても、またニビルなどの新たな終末思想がもてはやされるかもしれません。

ですが「どの情報をどう扱いどう受け入れるのか」という判断は、いつも自分次第が行うことなのだということを忘れたくないものです。


In DeepSouthern Comets 玄のリモ農園ダイアリーカラパイア

(chick)