「MAKE LOVE NOT WALLS(壁を築くのではなく、愛を育もう)」。

そう呼びかけたのは、イタリアのアパレルブランド「DIESEL(ディーゼル)」。

戦車からハートが飛び出る。愛あふれる2017年春夏キャンペーン

2017年春夏キャンペーンで、「#MAKELOVENOTWALLS」というハッシュタグをつけたビジュアルを公開しました。

Dieselさん(@diesel)がシェアした投稿 -

壁にはハートの穴があけられ、隔たれていた国と国がひとつに。

Dieselさん(@diesel)がシェアした投稿 -

男性同士のカップルが熱いキスを交わし、まわりにいる人々は祝福しています。

Dieselさん(@diesel)がシェアした投稿 -

レインボーの戦車から発射されるのは、銃弾ではなく、ハートでした。

肌の色も宗教もジェンダーも関係なく、みんなが笑顔。まさに愛があふれたビジュアルです。

憎しみへに対する強い反対の意を唱えたかった

このキャンペーンの背景にあるのは、トランプ大統領のマイノリティに対する差別発言や、メキシコとの国境に壁を建てようとする動きへの反抗心。

アーティスティックディレクターのNicola Formichettiは、

DIESELは、憎しみというものに対して強く反対の意を唱えています。そして、これまで以上に世界中の人たちにそのことを知ってほしいと願っています。

愛と共生は、僕たちみんながそこで暮らしたくなる社会、そして僕たち全員にとってふさわしい未来を創造する上で、不可欠なものなのです。

語っています

インターネットがあって、大量の情報に触れることができるいま、もう世界情勢は無視できない。自分なりの考えや想いをファッションで叫びたい気持ちです。

[DIESEL, OUT]

文/浦田昆

こちらも読まれています

アレキサンダー・ワンのレタードファッションは「No After Party」必要なのは、楽しいことだけ #NYFW

白いバンダナを身につけて、不安を分けあう。やさしさがファッション界に広がっている #NYFW

想いを叫ぶレタードファッション。媚びないしかわいいしでハマる