月に一度やってくる、生理。

仕事中は、ナプキンよりも交換する頻度が低いタンポンが助かります。

とはいえ、忙しいときには、うっかり交換するのを忘れてしまうことも...。そうなると、漏れが心配です。

そんな女性の悩みが、テクノロジーの力で解決する日が、もうすぐやってくる予感。

タンポンの交換時期を教えてくれるアプリ

生理の前後は、気分が不安定で身体の調子も上手にコントロールできません。

そんな生理時の不快感を和らげてくれるのが、いまアメリカで急ピッチで開発中のアプリ「my.Flow」です。

Medical Daily』や『Forbes』、『COCMOPOLITAN』などでも特集を組まれているほど、すでに各方面から注目を集めています。

使い方はとてもシンプル。

まず、専用の医療用糸がついたタンポンを膣内に挿入します。それを小さなデバイスと結合させて、パンツやスカートなどの、ウエスト部分の見えない場所につけておくだけ。

経血の量や速度などのデータがスマートフォンに送られ、タンポンを取り換える時間を知らせてくれるのです。

毎月の経血量もチェックできる

my.Flowが防いでくれるのは、うっかりタンポンを換え忘れたことによって起こる、経血の漏れや不快感だけではありません。

高吸収性のタンポンを使用している女性に起こりやすい、発熱や胃腸の不調などをともなうToxic Shock Syndrome (TSS) 毒素性ショック症候群などからも、身体を守ってくれます。

また、毎月の月経量を記録して、月ごとにそのちがいを見比べることもできるので、しっかり自分の身体の健康をモニタリングすることが可能。

手軽にヘルスチェックをおこなえることで、何か重要な病気や不調の早期発見にも役立ちそうです。

2017年に商品化が期待されているmy.Flow。毎月の生理は、テックフレンドリーなアプリで快適に過ごします。

[FASHION JOURNAL, my.Flow, Medical Daily, Forbes, COCMOPOLITAN]

写真/Shutterstock

by Timmy