皆さんこんにちは。ヘアメイクアーティストの新見千晶です。

桜が咲きはじめ、本格的な春の到来しました。春ファッションに合わせて、メイクも新しくしたいなら、取りいれたいのが桜色メイク

桜色は、ふんわりと肌なじみがよく、メイクに取り入れればかわいくなれるカラーなのです。

そこで今回は、簡単に桜色を取り入れられるコスメとメイク法をご紹介。

柔らかな桜ピンクで癒し系の目元に

アイメイクに桜色をプラスするときには、二重幅にふんわりとピンクのアイシャドウを塗り、目のキワはブラウンアイシャドウで引き締めて。

下まぶたの目頭部分にキラリと輝くラメピンクを入れると、瞳が輝く華やかな印象になります。

マスカラでまつ毛を桜色に染めてみて

個性的なメイクにしたいときには、まつ毛で桜色を演出するのもアリ。

ぴったりなのが、『デコラガール』の「クーピー柄カラーマスカラ」です。発色がよい優秀アイテム。

まずは、アイホール全体にベージュ系のアイシャドウを塗り、それからピンクマスカラでまつ毛を塗れば完成。また、目力がもっと欲しいというときは、ブラウンのアイラインやアイシャドウを加えてみて。

ピンクマスカラは、まつ毛全体に塗ればインパクト大。また、目尻だけ、下まつ毛だけなどポイント使いすれば、よりスタイリッシュに仕上がります。

じゅわっと桜色チークでおフェロ顔

チークにはクリームタイプのものを使うことで、パッと華やぐ血色を一瞬で手に入れることが可能です。塗り方は、黒目の下あたりの頬の高い部分にのせて、指で平行ぎみにぼかしていくだけ。

クリームチークを指で入れるとムラになってしまうから難しい...という人は、ファンデーション用のブラシで塗れば、とっても自然な仕上がりになります。

ぷるるんとしたセクシーな桜色唇になれる

口紅は、オイルタイプで取りいれるのが旬。唇の中央に塗ったら、指で軽く塗り広げてください。ナチュラルに仕上げたいときは、これ一本で十分です。

もう少し濃くしたい場合は、ピンクリップの上に塗り重ねると、仕上がりによりボリューム感が出ます。

桜色をうまくメイクに取り入れれば、より気分を味わうことができるはずです。

top image via Shuterstock