アラサー男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、男子にちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは、男子は「5ラリー以上のLINE」が正直しんどい。一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

1.「LINEでエピソードとかを説明してくる女の子とか本当にしんどいね。相談とかされるのもしんどい。それなら電話にしてよって思う」(26歳・公務員)

2.「質問続きで切りどきを与えてくれないと、いつまでも続くから嫌だなと思う。5ラリーくらいで空気よんでパッと終わって欲しい」(33歳・銀行)

3.「ご飯の約束とか5ラリーくらいで決められるだろって思う。簡単に調整できない子とかイライラするね」(28歳・メーカー勤務)

続けるなら電話にして欲しい

男性は、LINEでちまちまと話を展開していくことにストレスを覚えています

エピソードや相談をするなら、思い切って電話をかけてしまいましょう。そのほうが距離も縮まります。

いつまでもダラダラとLINEを続けていると、飽きられてしまう可能性も高いです。

質問が続くと返さなきゃいけなくなる

質問が続くと、返さなきゃという意識が働きます。

いつまでも続くLINEに男性は、しんどさを覚えます。空気が読めて、相手の気持ちを察することができる子かどうか見られています。

男性がつれない返事なのに、返信させるテクニックを使い倒しても逆効果です。

本題がいつまでも決まらない

決めなきゃいけないことをすぐに決められない女性とのLINEは、ストレスを感じます。

LINEで迷われてもしんどい。「調整します」とすぐに決めないのもイラつく。LINEでやりとりするなら、すぐに決めるという覚悟をしましょう!

LINEは5ラリー以内で完結してほしい

男子にとっては、「LINEで交流を図るつもりはない」というのがホンネです。

LINEを使ったやりとりで、距離を縮めるなんてめんどくさい。それよりも、1回ごはんに行くやりとりを5ラリー以内で決めることのほうが大事です。

余計なエネルギーを使わずに、会う約束を取り付ける。気になる男性に対してはこれを意識してLINEをしていきましょう!

image via shutterstock