最近、学歴詐称やおいたち詐称など、テレビ界・芸能界でも「演技派うそつき人間」が目立っているわよね〜。

テレビの世界だけかと思うじゃない。でも実は、彼らのような人種は、アタシたち普通の世界にもたくさんいるんだってば!

アタシ、いろんな人と会ってきた数だけは誇れるからコレ、間違いないわ。

今回はそんな「経歴詐称男」の特徴を紹介するわね。

恐ろしいほどフレンドリー

自分のことをよく見せようとする、盛り男の最大の特徴は、初対面にも関わらず、まるで「無二の親友」か「運命の人」のような接し方をしてくることよ。

相手のことをよくも知りもしないうちに、「こんなに打ち解けて話せるのは君だけだ」、「あなたのためならなんでもしますよ」などとぬけしゃーしゃーと言ってのけるのよね。

いわゆる、「人たらし」ね。人の懐にするっと入るのが上手で、相手をいきなりいい気分にさせるのから、どうしたって周囲は気が緩んで心を許してしまうのよね〜。

顔が広いことをアピール

お偉いさんから危ない系の人たちまで、「自分の顔が効く」ことを異様にアピールするのも特徴的ね〜。

「俺が話をつけてやるよ」「困った時は俺に頼って」など、「俺がすべて解決してやる」的なことをいとも簡単に口にするのよ。

でも、いざ頼ると、案外「やってみたけど、ダメだった」となることが多いわ。

ふたをあけてみると、全然顔なんか広くなくて、単に偉い人と一回挨拶しただけ...程度のことのほうが多いわよ。

出身校や血液型も、相手次第で変えている

アタシの知り合いにいる「嘘つきモテ男子」は、なんと相手の女性のタイプによって、自分の血液型や出身校を変えていたわ

本当はA型なのに、女性が個性的な男性を好みそうな場合はB型を装い、また頼れるおおらかな男性を演出したい時はO型になってみたり(笑)。

出身校も、ある時はK応、なぜか関西弁になってD志社出身を装ってたのよね。本当は九州の大学なのに。

彼いわく、「ワンナイトラブだから罪がないウソ。相手が求めているキャラクターになって楽しむだけだから」と全然悪びれていないの。

彼らはどちらかというと「人を騙そう」というよりも、「自分をよく見せたい」とか「その場を盛り上げたい」という自己愛とサービス精神がいきすぎるタイプね。

でも恋愛やプライベートシーンでからんでしまうと、完全に振り回されてしまうから、ご用心よ。

image via shutterstock