彼とのセックスの最中、なんとなく感度がよくなく「イケない」と悩んでいる女子に朗報です。

じつは、ヨガにはセックスライフを向上させてくれる可能性があるのです。骨盤をやわらかくするポーズや、性的興奮度を上げるポーズなど、さすが四十八手で有名なインド発祥のヨガだけあって、女性の悩みを解決してくれるヒントがたくさん。そこで、「Woman'sDay」「your tango」で紹介されていた、気持ちよくなれるヨガのポーズをご紹介します。

下準備に、骨盤をやわらかくしておく

彼を受け入れる前のウォーミングアップとして、まずは骨盤をしっかり整えておきましょう。また、セックスの最中、しっかりと膣が反応できるように、膣周りの骨盤の筋肉をリラックスさせておくことも大切です。

▼HOW TO

1. 床に両足を大きく広げて座る

2. 両手を両足首に添えながら上半身を床に近づける

このポーズは、骨盤周りの血行を促進し、骨盤の動きを活発にしてくれます。

感度をUPさせるブリッジングポーズ

セックス中の感度をUPさせるのに効果的なのが、ブリッジングポーズ。

▼HOW TO

1. 仰向けに寝て、両ひざを立てる、

2. 両手でグイッとお尻を上に持ち上げる

3. そのまま1分間同じ姿勢をキープ

子宮の筋肉を引き締め、オーガズムを感じやすい身体にしてくれます。ちなみに、このポーズはでっぱりおなかの解消にも効くんです。

体の柔軟性を高めるハト・犬ポーズ

セックス中は、彼と色々なポジションを楽しみたい。そこで、凝り固まった身体を和らげ、どんなポジションにも対応できる柔軟性を身に付けられるのが、ハトのポーズ。

▼HOW TO

1. 床に座り、片方の足を折り曲げる

2. もう片方の足を後ろに真っ直ぐ伸ばす

このポーズでは、お尻を中心とした体に残る硬さを解消し、柔軟性をUPしてくれます。

心を落ち着け、身体をアクティブにしてくれる犬のポーズも同時に取り入れましょう。

▼HOW TO

1. うつ伏せになって寝ころぶ

2. 両手を床に付けたまま、身体を持ち上げる

3. ゆっくり両足を前方向に近づけていく

いわゆる四つん這いです。セックス中にアクティブに動けるようになります。

インドのセックス指南書にも登場する鷲のポーズ

インドで古代から伝わるセックスの指南書「カーマ・スートラ」でも紹介されている鷲のポーズ。


手足を複雑に絡ませながら片足で立ってバランスを取るこのポーズをとると、子宮の血行が促進され、感度もさることながら、彼とのラブラブ度も高まるはず。

ヨガは女性の美容と健康に限ったものではありません。彼とのラブライフの質を高める効果も抜群。取りいれない手はありません。

[Woman'sDay,your tango]

top image via Shutterstock

by Timmy