1本で複数の役割を一度に担ってくれるオールインワンジェル。

賢く選べば、オールインワンジェルでワンストップ・スキンケアが可能になるんです。プラスワンできる役割は、マッサージクリーム機能。

お手入れを簡単に済ませたいオールインワン派にとって、マッサージするのは正直手間だと感じてしまうもの。ましてやマッサージ用のクリームを用意するなんて、面倒以外のなにものでもありません。

その一方で、マッサージをすれば顔も気分もスッキリすることも知っています。ならば、マッサージクリームにもなるオールインワンジェルを選べばいいのです!

オールインワンジェルの選び方

ただ、どのオールインワンジェルでマッサージしてもいいというワケではありません。マッサージクリームとしても使えるテクスチャーを探すことが大切です。

1.保湿クリーム機能がある

ジェルでマッサージした後、拭き取りしなくていいのがオールインワンジェル・マッサージのいいところ。その代わり、保湿クリームの役割があることが条件になります。

オールインワンジェルの代表的ブランド。保湿とリフトケアに着目した商品なので、マッサージとの相乗効果も期待できます。

2. 顔にのせても垂れない

オールインワンジェルでマッサージするためには、顔に乗せたときに肌の上でとどまるテクスチャーを選ぶことが大切。垂れてしまうサラサラしたタイプだと、マッサージを慌てておこなってしまったり、ジェルの量が不十分で肌に刺激を与えてしまったりするので注意が必要です。

根強いファンが多い「かたつむりスキンケア」をオールインワンにした韓国コスメ。なんと成分の90%がかたつむりの分泌液なのだそう。

3.それでいて固くない

マッサージには、肌の上をスルスルと伸びるテクスチャーが好ましいです。ジェルをたっぷりと肌にのせ、肌と指の間に膜をつくるイメージで使います。こうすることで、肌への刺激を軽減し、より効果的なマッサージが可能になります。

サラサラしたタイプなのに、肌にとどまるテクスチャー。塗ったあとしばらく置いてからマッサージすると、古い角質のケアとしても使えます。

この3つを満たすオールインワンジェルを選べば、面倒だと思っていたマッサージも、ついでにケアできる感覚になります。

ただし、マッサージ専用クリームと比べると、摩擦の状態などでジェルがダマになる可能性は高くなります。短時間でパパっと済ませるデイリーマッサージ向きです。じっくりていねいにマッサージできる時は、面倒でも専用クリームを使用した方が安心です。

image via shutterstock