魅力的な街がひしめきあう、東京。今回注目してみたいのは、「銀座」

銀座と聞くと、「老舗感」「コンサバ感」を連想してしまう。そのため、「欲しいものはあまりなさそうかな〜」そんな印象の街でもあります。通勤ルートなどでアクセスしやすいならともかく、あえては行かない。買い物や遊びなら、俄然、渋谷や表参道、新宿や六本木でしょ。

でもやっぱり、気になる街。じつは、リアルな魅力もたっぷりなのです。

ワンストリートで完結する効率の良さ

160315ginza2.jpgあっちこっち行って買い物をしている時間はないときでも、いろいろ見比べたい。そんなときに銀座はぴったり。非常に効率よく買い物することができるんです。

銀座の象徴的存在「銀座和光」から新橋方面にまっすぐ伸びる中央通り沿いには、「ユニクロ」「GU」「H&M」「ZARA」など、マストチェックなお店がずらりと並んでいます。

とくにユニクロ銀座店の品揃えは、世界最大級。12フロアあり、超充実の内容。他店では見つけられないアイテムも見つかり、ゆっくり買い物できます。

同じビルの別館には、「コム デ ギャルソン」をはじめとしたハイブランドのセレクトショップ「ドーバーストリートマーケット ギンザ・コム デ ギャルソン」があり、ファストファッションだけでなくラグジュアリーファッションクルーズができるのもいい。

「ローズベーカリー」も入っているので、ショッピングの合間のお茶もできるんです。

新ランドマークタワーが気になる

160315ginza1.jpg数寄屋橋の交差点のところに、なにやら気になるヴィジュアルのビルが建っています。こちらは、3月31日(木)にオープン予定の新ランドマークタワーである「東急プラザ銀座」

この施設、なにやら免税店も入店しているとか。ニューヨークの老舗ベーカリー「THE CITY BAKERY」やラグジュアリーサンドイッチの出店も気になるところ。

大人の女性の気持ちやシーンを軸にした独自の編集売場を展開する東急百貨店の新セレクトストア、「HINKA RINKA」も一回行ってみないと。

さらに、屋上と6階にふたつのパブリックスペースを設け、ショッピングだけでなく長くステイできるようなつくりになっているのだとか。

これは、早めに行かなければ。

究極の食パンで休憩

160315ginza3.jpg銀座ショッピングの足休めにおすすめなのが、フランス発のベーカリー「VIRON」のパン専門店である「セントル ザ・ベーカリー」

行列になるだけのことあり、パン好きの女子のお眼鏡にかなう食パンを堪能することができるお店です。

もちろん食パンは買って帰るとして、ぜひ店内カフェでも食パンを味わってみて。扱っている3種類のパンを食べ比べできる「セントル トーストセット」というメニューが大人気

面白いのが、パンを焼くトースターを選べるということ。選んだトースターを自分の席に運び、その場でトーストします。3種類のトーストをジャムやバターで食べ比べすることができます

サクサクでほんのり自然の甘みのする究極の食パン、ぜひ銀座みやげにゲットしてみて。

予定のない週末は、春が近づいてくる空気を感じつつ、久しぶりの「銀ブラ」を堪能してみるのもいいかも。

top image via Shutterstock

by aica