平日はバタバタしてるから、週末はひきこもってずっと家で過ごしたい。でも、ダラダラ過ごすだけだと自己嫌悪になりそう...。

そんなときは、テーマを決めてひきこもればOK!

テーマがあれば、なんとなく罪悪感は減るんです。むしろ「ひきこもってよかった!」と達成感がわいてくるほど。

今週末はこあらゆる「ひきこもりテク」を駆使して、思いっきりダラダラしよう。

普段はしない場所を掃除

仕事もできて、掃除もしっかりできる女子はクール!

自己肯定感が最も高いひきこもりテクは、やはり家の掃除や片づけです。

流行りの断捨離もいいけれど、ひきこもりたいときは捨てるものを考える気力もありません。なら、普段は気にならない細かい部分に着目しましょう。

電球のカサ、インターホンやコンセントカバーにたまったホコリ、コップの茶渋などは時々しか磨かないもの。ならばひきこもりのタイミングで地道に掃除してしまうのがコツです。

部屋がキレイになれば、ホコリならぬ誇りが持てて一石二鳥(笑)!

買い置きだけで食事する

週末にやりがちなのが、ひきこもり用の食品のまとめ買い。でも、ちょっと待ったー!

テンションが高い金曜日に調子に乗って買ってきたものが、翌週もずっと残っていた記憶がありませんか?

独身女子の冷蔵庫なら、わざわざ買い物に行かなくても1~2日は家にあるストックで生活できるはず。次にひきこもる時は、買い置きの食材だけで週末を過ごしてみましょう。

たったの2日間でも冷蔵庫がスッキリする、消費期限が近いものをチェックできる、お金を使わないなどメリットがたくさん。ムダ使いを反省して、買い物の必要性を見直すキッカケにもなります。

週末ひきこもりでプチサバイバル感を満喫したら、自分の生命力を感じられますよ。

海外ドラマを1シーズン全部観る

予定のない週末なら、海外ドラマを1シーズン、まとめて観るのはいかが?

1シーズンで、DVDが数本も続く海外ドラマ。毎週1本レンタルしていたらシーズンひとつを観終わるのに2~3か月かかりますが、週末にまとめて観ればレンタルの手間をはぶけます。

「この土日で1シーズンみきった!」という達成感、ドラマの世界にどっぷり浸れる充実感は時間のある週末にしか使えない魔法。

観ているドラマが無ければマンガの全巻まとめ読みでもOKです。

今週末は思う存分、前向きなひきこもりを楽しみましょう!

image via shutterstock