結局、外見を左右するのはバランスなのでは?

センス良いファッションに身を包んでも全身のバランス、メイクを今っぽくがんばっても顔全体のバランス。とにかくバランスが崩れていると、途端に残念な印象になってしまうのです。

その最たるものが、顔の大きさ! もうこればっかり、はどうにもなりません...。でも、あきらめたくない。できるだけなんとか小顔に近づけたい。そんな切実な思いを受け止めてくれる"小顔ファンデーション"2つを緊急召集しました。

1:肌をキュッとひきしめて小顔を演出

CCクリームは、BBクリーム同様、軽くつけられるファンデーションとして、定着しました。ただ「軽いつけ心地だけれど、カバー力が足りない」という不満があったのも事実。そんな不満を解消してくれるのが3月1日に発売になる「コガオウ」。肌の悩みはカバーしながら、透明感のあるナチュルな肌に仕上げてくれるのです。

そして、克服したい小顔問題を助けてくれるのが「コガオウ」に含まれている「3D復元型ゼリー(※)」。このゼリーが角膜層の上にのることで、肌をキュッとひきしめてすっきりシャープなラインを演出してくれるのです。使い方は、化粧水などで肌をととのえた後、適量を指先にとり顔中心から外側に向かって引き上げるように顔全体にムラなく伸ばすのがポイント。とにかく上に伸ばす、を意識して。

スキンケア効果にもこだわっていて、アルガンオイルやヒアルロン酸(すべて保湿成分)をはじめとする美容液成分が81%配合してあります。さらに、シリコン、鉱物油、石油系界面活性剤、有機色素、香料は一切使用しない無添加処方。また、SPF32、PA+++で紫外線を防いでくれます。これから陽射しの強くなる春に持っておきたい便利なアイテム。

2:形状記憶で小顔に見せる

肌を形状記憶して小顔を演出してくれるのが、アルビオンの「タントフィルム ファンデーション」。しっかりしてる伸びが良いテクスチャーで、肌にピタッと密着してくれるファンデーションです。その秘密が、なめらかなハリのある肌に仕上げてくれる化粧膜。肌にヴェールがかかると、心なしか表情までキリッと端正な印象になってしまいます。

薄づきよりは、しっかりメイクをしたいオンのシーンにおすすめの大人ファンデーション。こちらも、肌にのせるときは、上に向かってのせると引き締まる感じが増します。さらに、つや感が出るので、しっかりメイクしているのにぼてっとした重い印象とは無縁。

下地は軽めにして、このファンデーションを塗ってあげるのが、キレイな肌に仕上げるコツ。

春に向けて、ファンデーションを衣替え。小顔を演出してくれるファンデーションで、スタイルもメイクもバランスよくいきたいですね!

※ (PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー:増粘剤

image via shutterstock

文/グリッティ編集部