ディズニーの世界観はいつも女の子に夢と希望をくれるーー。

それは子どもの頃から大人になった今でも同じ。最近では、『アナと雪の女王』主題歌、「Let It Go」からたくさんの勇気や前向きな気持ちをもらいました。歌の力ってすごい! と改めて感じた出来事です。

やっぱり元気をくれる! ディズニー新作の主題歌

そんなディズニーの新作『ズートピア』が、この春、公開されます。そして「アナ雪」同様、注目したいのがその主題歌。聴く度にとにかく元気をくれる1曲なんです!

『ズートピア』は、ディズニーが贈る最高にユニークな動物たちの"楽園"を舞台にしたファンタジー・アドベンチャームービー。

20160224_zootopia_02.jpg

20160224_zootopia_04.jpgヒロインはドレスを着たプリンセスではなく、もふもふボディがキュートなウサギのジュディ・ホップス。ただかわいいだけではなく、警察官になるという大きな夢をかなえて大都会"ズートピア"へとやって来るワーキングウーマンです。

「Try Everything」と題された主題歌は、リアーナ、ケイティ・ペリー、マドンナら数々のアーティストに楽曲を提供し、グラミー受賞歴もあるシンガーソングライターのシーアと、今最も人気のあるプロダクションデュオ、スターゲイトが手掛けています。

ズートピアのポップスター、ガゼルの楽曲として登場するのですが、劇中のジュディは上京する際、自分自身を励ますようにイヤフォンでこの曲を聴いています。「失敗したって、何度でもがんばるわ!」という彼女の前向きなメッセージが込められた、夢をかなえたい全ての人に贈る応援ソング。

20160224_zootopia_05.jpg英語版を歌うのは、ガゼルの声優も務めた歌姫シャキーラ。おなじみのパワフルな歌声で、ジュディの物語をドラマティックに盛り上げています。先日開催されたUSプレミアでは、夢見るジュディに「私自身の過去を思い出したわ」と明かしました。

日本版の歌詞でさらに元気になる

20160224_zootopia_03.jpg日本版に抜擢されたのは、E-girlsから初のソロデビューを果たしたDream Ami。

ガゼル役で声優にも挑戦するそうで、

「このような大役をいただけるとは想像もしていなかったので、夢のような感覚です。多くの方がそうであるように、私も小さい頃からディズニー映画に魅了され続けてきた1人ですので、突然夢が叶いとても嬉しく、幸せに感じております」

とコメントしています。

映画では、動物たちが人間のようにハイテクな文明社会で暮らすズートピアを舞台に、初のウサギの警察官になったジュディが、街を揺るがす史上最大の事件に挑みます。

くじけそうになっても夢を信じてがんばるジュディの姿と「Try Everything」でこの春は乗り切れそう!

ズートピア

製作総指揮:ジョン・ラセター

製作:クラーク・スペンサー

監督:バイロン・ハワード『塔の上のラプンツェル』/リッチ・ムーア『シュガー・ラッシュ』

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

公式サイトはこちら>>

©2016 Disney. All Rights Reserved.

2016年4月23日(土)公開

文/グリッティ編集部