パンツを選ぶときに目がいきがちなのは、デザインやシルエットなどのパッと見の印象。もちろん、その第一印象も重要なのですが、じつは選ぶときもっと大切なことがあります。

それは「丈」。細かくて見落としがちな部分ですが、絶対に軽視してはならない部分。1cm違うだけで、垢抜け度が全然変わってしまう、ある意味危険ゾーンとも言えます...。

この春おすすめの丈は「9分丈」。クロップド丈よりは長いけれどフルレングスよりは気持ち短い、そんな丈感です。

定番のパンプスと

A photo posted by @uniqlo_ginza on

通勤仕様のパンプスの足元を、断然美しく見せてくれるのが9分丈。足の甲を全面に見せることで、ゆったりシルエットのパンツでも、すっきりした印象に見せることができます。

ヌーディなヒールと

これから暖かくなると、通勤にも取り入れたいのが品のあるヌーディなサンダル。クロップドパンツよりも丈が長いので、肌の露出度がそこまで高い印象を与えずに足元に抜け感のある着こなしを実現します。

フラットなサンダルと

A photo posted by ZARA Official (@zara) on

ヒールに比べてスタイルアップは望めないけれど、夏のシーズンには絶対に取り入れたいフラットなサンダル。9分丈ならヒールなしでも足元がもたつかないので、すっきりと履くことができます。

定番のスニーカーと

A photo posted by @uniqlo_ginza on

休日やカジュアルダウンしたい日にはきたいスニーカーでも、さらりと合わせられます。これから暖かくなる季節には、スニーカーソックスなど見えない靴下をはいて、すっきりと履きこなしたい。

シンプルなスリッポンと

スリッポンとぜひ合わせたいのが9分丈のテーパードパンツ。パンツのきちんとさとスリッポンの肩の力が抜けた持ち味が絶妙にマッチして、大人らしいカジュアルを演出することができます。

ちょこっとの「足首見せ」が抜け感を作り、全体の印象を大きく変えるのです。いろいろなタイプの靴と合わせやすく、どんなパンツのシルエットもすっきり見せてくれる、頼れるアイテム。

春のヘビロテパンツは、「9分丈」に決まりです。

top image via Shutterstock