JAK & JILは、ブロガーでフォトグラファーであるトミー・トンによって2008年にスタートして以来、ページビューを記録的に伸ばしたスナップブログ。

支持された理由は、彼の撮影スタイルにあります。

スナップには、決めポーズの女性のものがほとんどありません。彼がとらえるのは、ランウェイの上での華々しい瞬間ではなく、会場の裏側でリアルに人生を生きている人々。歩いているときや、電話で話しているとき...など、なにげなく、そして美しい瞬間をとらえています。

そんな彼のショットから、なにげない仕草で美しく見えるシルエットの洋服とは何か、を観察してみました。

動くと表情を変える、軽い素材やフリル...

A photo posted by Jak & Jil (@jakandjil) on

これから春に向けての季節には、軽快な印象のスタイリングに身を包みたい。動くたびに空気をはらみ、その表情を変えるエアリーな素材感のアイテムに身をまとえば、より美しさが発揮できます。

フリルやレースなど、表情豊かなデザインのディテールがそれにプラスされると、さらに効果的。

颯爽と歩くとイイ。深めスリットで惑わす

A photo posted by Jak & Jil (@jakandjil) on

歩くたびに女性らしさを放つ、スリットスカート。その真価は歩くからこそ、リアルな動きだからこそ、発揮できるものです。

街角を急いでいる、飾っていないその姿がセクシー。それこそが、リアルに美しいということなのかも。

この春気になる、ボリュームショルダー

A photo posted by Jak & Jil (@jakandjil) on

この春気になるシルエットは、ショルダーにボリュームがあるもの。懐かしい印象の肩パッドも、今年の春は新鮮に映ります。

ショルダーにボリュームがでることで、体のラインを華奢に見せてくれる。その効果で、どんな動きをしてもフェミニンに見えるから不思議。

洋服を選ぶとき、鏡の前でシルエットを見ながら自然とポーズを作っているはず。本来は、何気なく動いている普段のシルエットが美しいどうか、ということのほうが実は肝心。

ポーズを決めているだけでは、魅力は半減。動いてこそ美しい洋服が、女性を本当にキレイに見せてくれるのです。

top image via Shutterstock

by aica