こんにちは、臨床心理士の山名裕子です。

仕事に恋愛、友人関係...アラサー女性の悩みは尽きません。アラサー男性は仕事に集中できる年齢ですが、女性の場合は少し違います。27歳〜35歳のアラサー女性は、漠然とした不安や焦りを感じやすい年齢

そこで今回は、アラサー女性が抱えやすいストレスと対処法について紹介します。

恋愛を遠ざけるマイナスな発言はNG

女性の社会進出は目覚ましく、それに伴って晩婚化が進んでいます。そのため、仕事と恋愛を両立できないと嘆く女性も少なくありません。

まずは「仕事が忙しくて」「ひとりが楽だから」という口ぐせから変えていくことが大切です。言葉は口にすると大きなエネルギーを持ちます。言葉が現実を作るので、マイナスな言葉はプラスの言葉に変換していかなければいけません。

結婚しないことを仕事のせいにしているうちは、恋愛スイッチは入らないですし、ステキな出会いを引き寄せることはできないのです。脳が勘違いしてあなたを恋愛から遠ざけてしまわぬよう、プラスの妄想と前向きな発言を心がけましょう

現状を変えるには、勇気をもってアクションを

長く付き合っている彼氏がいるけれど、結婚する気は無さそう...というケースは少なくありません。お互いが納得している場合は別として、一歩先へ進むには何かアクションを起こす必要がありそうです。

人は「変化」することを恐れています。そのため、ひとりになる不安よりも、現状維持の不満や不快を選んでしまうのです。でも、一度離れてみると案外平気だったり、気持ちが軽くなったりするもの。勇気をもって彼との関係に変化をもたらしましょう。

たまには人に頼ることも必要

アラサーは、仕事面でもストレスフル。上司からの期待や、部下を育てなければという責任感からのプレッシャーが、ダブルでのしかかります。また、ステップアップしようと意気込んだもののうまくいかなかったり、本当にこの仕事でよいのかと悩んだりと、心境は複雑です。さらに、アラサーになると素直に相談することができずにひとりで抱え込みがちになってしまいます。

そんなときは、少し肩の力を抜いて周りに頼ってみましょう。人生の先輩から学ぶことはたくさんあります。時に弱みを見せて甘えてみることで、貴重な経験談を聞き出すことができるかもしれません。

また「後輩に任せるよりも自分ひとりでやった方が早い」と膨大な量の仕事を抱え込んで苦しむケースも多いようです。期待して任せてみることは部下の成長に繋がりますし、部下の成長があなたの味方になることを忘れないでください。

image via Shutterstock