自分が好きになった相手がDVをしてきたら、すぐに別れることができますか?

きっとはじめから相手がDVだった訳ではないはず...。ニュースや人の話を聞くだけだと、「別れたらいいじゃん!」と思いますが、いざ自分だったらそんなに簡単に決着つけられるかな。

あなたが陥りやすいDVパターンは?

Q.週末、人気のスキー場にやってきたあなた。ゲレンデでスキーを楽しんでいたところ、突然突撃してきた人が。それは誰?

a.ソリに乗っている子ども

b.スノボーの中学生

c.足を滑らせた中年女性

白い雪で覆われたゲレンデは、けがれのない体の象徴。

そして突然ぶつかってきた相手は、それを汚す存在=暴力を表します。選んだ答えによって、あなたが陥りやすいDVパターンがわかります。

体の暴力を受けやすいのが、a.の答えを選んだあなた。

ケンカしたときに平手うちされる、押されてケガするなんてことが、継続的な暴力のきっかけになることも。どんな事情であれ、女性に手を上げる男性はDV予備軍。3回以上続いたら別れを考えて。

b.を選んだ人は、言葉の暴力にあいやすいみたい。

ミスや欠点をいじられるなど、軽いからかいが発端。最初は笑って許せるようなレベルでも、どんどんエスカレートしていく心配が。

言われて嫌なことは、最初からそうハッキリ伝えることが、身を守る盾になります。

c.の「足を滑らせた中年女性」は、精神の崩壊を象徴します

この答えを選んだ人は、物を隠される、ストーキングされる、リベンジポルノなど、精神的なDVに悩まされがち。

少しでもおかしいと思ったらすぐに周囲に相談し、つけ入るスキを与えないようして。

あなたの戦う女度をチェック!

もしDV被害にあったら専門家に相談するのが一番とはいえ、あなた自身に戦う力があるかどうかも見逃せないポイント。

次のチェックリストで、あなたが戦う女子になれるかどうか?を診断します。

□取っ組み合いのケンカをした経験がある

□学生時代は運動部だった

□ゲームといえども負けたくない

□ピンクと赤なら、赤が好き!

□仕事に燃えている

□寝相が悪い

◎チェックがが4つ以上

正義感が強く、不正を許せないタチ。間違ったことがあれば、相手が男性や年上でも非を正そうとします

「戦う女」と呼ぶにふさわしい人です。

◎チェックが3~2つ

戦う女子度は、普通レベル。小さな問題ならひるまずに立ち向かえるけれど、強敵を前にするとダメ。

もっとタフマインドを養う必要が。

◎チェックが1つ以下

良く言えば優しく、悪く言うなら弱虫。相手に強気で出られると何もできずにフリーズしてしまうタイプ。DV被害にあいたくないなら強くなりましょう。

image via shutterstock