かつて大ブームを巻き起こした、ジェーン・スーさんの『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎)。

アラサ―という言葉にもすっかり馴染んだ今、あらためて本書を読むと昔は流していた部分に気付くことも。私も初めて読んだときより、うんと心にささるフレーズがありました。

なかでも印象に残ったのが「食わず嫌いをやめる」という言葉。アラサ―こそ食わず嫌いを見直すチャンス、というアドバイスが書かれています。

自分のイメージを一度リセットする

経験したことがなくても「これは一生やらない」と決めつけていることがあるなら、その考えは一度リセットすべき。

嫌な思いをしないよう、傷つかないよう避けていたものが、一生自分を苦しめるとは限らない。(中略)NGだったものを実際にトライして、やっぱり嫌いなら、それはそれで嗜好が明確になっていい。

(本書より引用)

アラサ―はまだまだおばさんではありませんが、20代の時よりも年齢を重ねたからこそ、今まで理解できなかった事がおもしろく感じられることだってあります。

アラサ―から自分の一生の趣味や行動を固めてしまうのはもったいないこと。もちろん自分の好きなものを追いかけるのはOKですが、これは自分には合わなそうだからやらない、ダメだと頭で考えて終わらせないことが大切です。

アラサ―は食わず嫌いを克服するチャンス

アラサ―の食わず嫌いについて、ジェーン・スーさんはあえてチャレンジすべきだと言っています。

三十過ぎたら、敢えてそれをやる。苦手なことや、過去に失敗したことでなくても構いません。(中略)頭のハードディスクをガッチリ守っている自家製アンチウィルスソフトを一度解除して、いくつか新しいソフトをインストールしてみるのです。

(本書より引用)

この先アラフォー、アラフィフ...と年を重ねることを考えると、まだまだ頭がやわらかいアラサ―の時期こそ、今まで食わず嫌いだったものを経験する最後のチャンス

自分では無理だと思っていたことが意外に好きになれたり、新しい世界が広がる可能性もあります。

たとえ20代のイメージがあるものでも「自分にはもう遅い」と決めつけないこと。絶対に自分と合わないものなのかどうか、まずは一度経験してみましょう。

アラサーが経験が豊富な大人の女になれる分岐点

チャレンジした結果、「やっぱり自分に合わなかった!」ということもあります。しかし、「やったことないけれど私には無理」より「一度経験したけど合わなかった」の方が自分でも納得できると思いませんか?

ネットでなんでも調べられる現在。情報だけで済ませてしまう人も多いですが、誰かと話をする時にも自分の勝手なイメージをつけず、経験を踏まえて話ができる人こそ信頼される大人の女。

自分の中の食わず嫌いこそ、新たな世界を手に入れるチャンスだと思いましょう。

撮影/出川光