ダイエットといえば「激しい運動を必死にやって汗をかくもの」と思いこんでいませんか? じつはヤセるための激しい運動は、美容にとって逆効果。

東京で忙しく働く女性にはムダなダイエット、すなわち「ムダイエット」をしている暇はありません!

『危ないダイエット 一億総ダイエットブームにひそむ危険な罠』(ディスカバー・トゥエンティワン)を参考に、キレイに効率よくやせる方法を考えましょう。

ダイエット=激しい運動では、キレイになれない

激しい運動で生まれるのは汗だけではありません。

運動しすぎて疲労すれば、活性酸素が発生する。(中略)活性酸素により細胞が傷つけられてサビていくと、内臓や皮膚、骨などのあらゆる組織にダメージを与える。

(本書より引用)

過去に一度は聞いたことがある「活性酸素」。ヤセることが目的でも、肌荒れや風邪をひいては意味がありません

ダイエットはリバウンドがなく、健康的にヤセることが不可欠。すぐにヤセたいから激しい運動を選ぶ、疲れるまで動く、という考えは「ムダイエット」なのです。

キレイにヤセるには、軽い運動でよかった

激しい運動をすると充実感があり、ストレス発散ができるが、体の酸化にもつながる。無理のない範囲で継続できる運動を見つけることが重要だ。

(本書より引用)

キレイにやせたいなら、活性酸素がたくさん発生しない軽めの運動を選ぶこと。

ひと駅多めに歩く。軽いジョギング...地道なやり方ですが、ダイエットには体に負担がなく続けられる方法が一番です。

たとえば、筆者のような格闘技好きや趣味で激しいスポーツをしている場合には、たくさん発生する活性酸素の対策をすればOK。普段から抗酸化作用のあるビタミンを多めにとることで、活性酸素を抑えることができるそう。

運動後に予定を入れて、自分をセーブする

激しい運動を避けるといっても、早くヤセたいあまりに必要以上の運動をしてしまいがち。本書では、そんながんばり屋さんのための対策も紹介されています。

運動を適度な範囲におさめるコツの一例としては、土日に運動した場合、そのあとに何か別の用事を入れることだ。

(本書より引用)

筆者は以前、ボクシングジムで汗を流したあとに夕方からディズニーランドに行き、列に並んでいる途中でヒザが抜けたことが(笑)。

予定の前に完全燃焼してしまうと、そんなくだらないオチがつくこともあります。仕事を残しておくでも、友達と遊ぶでもいい。がんばり屋さんは、自分で運動にセーブをかけることが「ムダイエット」のコツです。

image via shutterstock