いつもは体のラインが出る服に、足元はヒールでばっちりキメている。そんな「意識高い系」と言われる私でも、疲れるときだってある...。

例えイイ女だとしても、疲れたら思いきりリラックスしたスタイルに身を包みたいのが本音ってもの。体のラインが出ない、いわゆる「手抜き」服でも、ちゃんといつもの雰囲気をキープすることができるんです。

手抜きでも「女らしく」

A photo posted by Inspiration Cafe (@inspocafe) on

休日は、下着だけにさらりとローゲージのニットをまとったスタイルでリラックス。それだけで、じつはセクシー。

ローゲージのニットはナチュラルでほっこりした印象になりがちですが、素肌感覚でまとうと不思議と女らしさを演出できます。

手抜きでも「知的に」

肩の力を抜いても、だらしなく見えるは絶対にNG。そんなときは丈が短めでコンパクトなジャケットをさらりとはおればOK。

足元ヒールをお休みする日は、スニーカーでもきちんと見せてくれるアディダスに頼るべし。

手抜きでも「スタイルよく」

リラックスしつつスタイルをよく見せる鉄則は、トップに重心を置くバランス術

「オーバーサイズトップス×細身レギンス」の方程式を適用するだけで、スタイルアップ。レギンスだから楽ちんさも満点です。

体のラインが出ない服で肩の力を抜いたって、いつもの「意識高い系」な雰囲気をキープするのはテクニック次第なのです。


top image via Shutterstock

by aica