アラサー男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、男子にちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは男子は「猫好きアピール」が正直しんどい。一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

1.「猫の動画を見て癒されるとか言ってる女の子は、自分のかわいさのためのアピールに思える。あとこの子頭悪そうだな〜って思っちゃう」(26歳・保険)

2.「お気に入りの猫動画とか見せられても、リアクションできないから困る。自己完結してって思う」(33歳・IT)

3.「そんだけ四六時中猫の動画見てるならいっそ飼えばいいじゃんって思う」(28歳・証券)

1.アピールにしか見えない

女性が猫の写真や動画を見て癒されている。男性は「猫の動画で癒されてる私、かわいいでしょ?」というアピールに受け取る場合があります。猫ブームにのっかって自分のかわいさを倍増させようとしているんだろうと映ってしまいます。

2.見せられてもリアクションできない

猫の動画なんかを見せられても男性はリアクションできません。愛想で「かわいいね」とつぶやくだけです。

男性に共感を求めている時点で、かわいいって言ってる自分かわいいアピール度が増します。

3.だったら飼えばいいじゃん

「そんなに猫が好きなら飼えばいいじゃん。なんで飼わないの?」男性は内心でそう思っていますが、口が裂けても言えません。しかし、そういった男性のフラストレーションは確実にたまっていきます。

猫動画はほどほどに

男子にとっては、「猫がかわいいからっていちいち見せてくるな」というのがホンネです。

猫に限らず、動物や赤ちゃんのかわいい動画というのは男性にとって理解できないものです。見たらかわいいのはわかりますが、わざわざ見るものでもないし、それで癒されるというのも本当のところ意味がわかっていません。

なので、男性にやたら猫の動画を見せていたら、ただのアピールだと思われるので気を付けましょう。仕事で疲れているときに、そっと猫のほっこり動画を見せてあげる程度で十分です。

image via shutterstock