先日飲み会で出会った男性は、スーツが似合うイケメン! 今度休みの日に会うことになってウキウキと出かけたところ、いざ私服で会ってみたら、あれ、なんか様子が違う...

そんな経験のある人。そう、スーツマジックなるものに引っかかってしまったのです...。

パリッとしたスーツに身を包んでいるとカッコよくみえたのに、私服が残念だった...。そうならないためにも、スーツ男子の「ココを見ればある程度おしゃれ度が見抜ける」3ポイントをご紹介します。

革靴が手入れされているか

Church'sさん(@churchs)が投稿した写真 -

一番チェックしやすいのはココ。目線を下に落とすのは、初対面の人に対してもワザとらしくなくさりげなくチェックができちゃいます。「おしゃれは足元から」というくらいだから、靴がおしゃれなら私服もおしゃれな可能性が高い。

スーツのときの靴は個性が出しにくいものですが、じつは革靴はクオリティの差が出やすいだけにピンキリ。革が無駄にツヤツヤしているのではなく、上品な光沢かどうかをチェック。あとは、その靴のデザインが着ているスーツになじんでいるものなのか。

ただ、高そうなブランドものの靴でも、ホコリっぽくて薄汚れてしまっているものをはいている人は注意。おしゃれ度はともかく、清潔感がないのは言語道断です! 仲良くなったら靴ケアグッズをプレゼントする、というのもアリですが...。

財布はブランドものか否か

EDIFICEさん(@edifice.jp)が投稿した写真 -

洋服とは違って、なかなか買い替えをしないのが財布。だからこそ、持つ人の「身につける小物に対しての関心度」がわかる、センスが非常に出る部分です。

「ルイ・ヴィトン」や「ボッテガ・ヴェネタ」などのわかりやすいブランドものの財布を持っている彼は、おしゃれへの関心度はまずまずなはず。財布というアイテムは黒や茶を選びがちですが、ブルーやレッドなどの個性的なカラーをさらっともっていたらかなり高感度な彼と言えます。

残念なのは「ここはいいから」などと、スマートに会計を済ませているときの財布の中身が、領収書やカードだらけでぐちゃぐちゃ、パンパンな彼。名刺入れを持たず、財布から名刺を出すのもNG。ビジネスマナーをよく心得ていない可能性が高いです。

ネクタイに違和感はないか

スーツの彼なら、個性を出しやすい部分がネクタイ。柄や色はもちろん、細さや長さなどシルエットもチェックしたいところ。このネクタイが難しいところで、あまり感度の高いものをもっていても、女にプレゼントされたのでは...なんて思ってしまうポイントであったりも。

まあそれはおいといて(笑)、大切なのは、似合っているかどうかということ。パッと正面から見たときに奇抜でもなければ地味でもない、明るい雰囲気を漂わせていたらOK

わかりやすいブランドロゴが入っているネクタイを身につけている男性を見たとき、おしゃれ〜と思ったのですが、じつは、その日のために慌てて購入したことがあとからわかりました...。もちろん、私服も...でした(涙)。わかりやすいブランドもの=逆に「おしゃれじゃない人」の可能性も高いです。

普段からおしゃれに気遣っている男性は、スーツ自体だけではなく、持ち物のセンスや手入れにもこだわっているもの。スーツマジックに引っかからないように、次の飲み会では要チェック項目です。

top image via Shutterstock

by aica