睡眠不足は美の大敵。体調を整え、いつも美肌でいる為には良質な睡眠が欠かせません。質の高い睡眠をとるには、室内環境をよくすることもポイント

そこで、眠り美人になるためのインテリア選びを紹介します。

ふわふわのマシュマロ枕に包まれる

気持ちよく眠るためには、寝心地のよい枕を選びたい。枕を選ぶときには、好みの頭の高さで決めるのがベストです。

高めが好きな人はフェザーの枕、低めが好きな人は低反発にすると寝心地がよいはず。

また、汗をかきやすい人はポリエステル素材の枕を選べば、家庭の洗濯機でこまめに洗えます。ふんわりとしたボリューム感ではフェザーの枕に劣るものの、お手頃な価格がうれしいところ。

私が使用しているのは、『アンニーク』の「マシュマロまくら レディース」。

20160205_makura.jpg

アンニーク マシュマロまくら レディース
13,000円(税抜)

ハート形になっていて、心地よく頭を包み込んでくれます。まるでマシュマロのような肌触りが気持ちいい。

センスの良い小物使いで気分を上げる

機能性だけでなく、見た目にもこだわったインテリア選びをすれば、毎晩寝るのがもっと楽しみになるはず。そのため、インテリアに小物をプラスするときには、色の配分が大切。たくさん盛り込みすぎると統一感が出ないので、引き算で考えます。

たとえば、ベッドに小物を足すならスローとクッション。

20160205_bedthrow.jpg

スローとは、ホテルで見かけるベッドの足元にかかっている帯のような1枚の長い布のこと。ブランケットでも代用できますが、ポイントは掛け布団よりも短めということ。色味を加えて、全体のアクセントにしましょう。

クッションも同じく色味を足るのが◎。夏はリネン、冬はファー素材など、季節に合わせて素材もコーディネートすると、季節感が出るし、よりスタイリッシュになります。

眠り美人のためには、快適な室内環境を作ることが大切! 春までにお気に入りの小物を見つけて、ぐっすりと眠りについて。

image via Shutterstock