アラサー男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、男子にちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは、男子は「ファッション命」が正直しんどい。一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

1.「彼女がファッション好きすぎる子だったんだけど、おしゃれのための薄着とか本当見てて寒いから嫌なんだよね。生足とか、可哀想に思えてくる」(26歳・保険)

2.「俺がダサいからって文句言われてもどうしようもないからツラい。努力しようとも思わないし」(33歳・IT)

3.「毎シーズン、流行の服を追いかけてたいへんだよね。自分へのご褒美とか言ってよく高い物買ってるの見ると、この子と結婚はないなと思うね」(28歳・証券)

1.生足とかバカじゃないの!

ファッション命だから、寒さよりもおしゃれ。

「おしゃれは我慢!」というポリシーでやられても、見ているこっちが不愉快だったりします。それなのに異常に寒がったりすると、そりゃそうだろって思われてしまうだけです。

2.ダサいと言われても困るだけ

男子は、自分のおしゃれに関して自信を持っている人は少ないです。そこまで興味がないのです。

彼がダサくても批判してはいけません。おしゃれにさせたいと勝手にアドバイスされても、その押しつけがしんどくなってしまうでしょう。

3.お買い物中毒とは結婚できない!

ファッション命で、お給料やボーナスのほとんどが洋服に消えていく。

ことあるごとに、洋服を買ってろくに着ない服の山を見ると、男子は「この子との結婚はないな」と思います。

押しつけはダメ

男子にとっては、ファッション命の女性につきあいきれないというのがホンネです。

もし彼がダサくてもダサいと言ってはいけません。プライドが傷つくだけで、いいことがありません。

よかれと思って、無理に彼をおしゃれにしようとするのも禁止です。強制されると、うざがられて離れて行ってしまうかもしれません。

image via Shutterstock