最近の芸能界のハッピーニュースといえば、DAIGOさんと北川景子さんの結婚

ハッピーなオーラたっぷりの記者会見で披露された婚約指輪は、ハリー・ウィンストンで、なんと2カラットのダイヤモンドでした。

そのキラキラとした輝きから目が離せませんでした。

「キング・オブ・ダイヤモンド」とも称されるジュエリーの最高峰

ハリー・ウィンストンは、1932年ニューヨークで創業されたブランド。卓越した技術と確固たる品質、そしてその洗練された美しさで、高級ジュエリーの代名詞にもなっています。

「キング・オブ・ダイヤモンド」とも称されるジュエリーの最高峰だけあり、眺めているだけでうっとりしてしまうほど。

レッドカーペットでもセレブが着用

先日開催された「第73回ゴールデングローブ賞授賞式」でも、話題のセレブがハリー・ウィンストンのダイヤモンド・ジュエリーを着用し、レッドカーペットを華やかに彩りました。

20160115_jlo.jpgジェニファー・ロペスはジュエリーの数々をまとい、その合計は約200カラット! 潔いイエロー一色のドレスにダイヤモンドの輝きが映えて、その凛とした佇まいは、まさにセレブ。

20160115_lj.jpg

実写版「シンデレラ」でシンデレラを演じた女優のリリー・ジェームズも登場。リングとブレスレットのダイヤモンドが、白いドレスの清楚さをより引き立てています。

20160115_hm.jpg年を重ねるほどに美しさが増す女優のヘレン・ミレンの首元に光るダイヤモンドは、はっと息をのむほどの美しさ。その輝きはもちろん、計算されつくされた複雑なシェイプで、デコルテを美しく彩ります。

20160115_kp.jpgケイティ・ペリーは、ブレスレットにウエイトをおいたコーディネート。肌の色に近いヌーディなピンクを、ダイヤモンドの力で見事にランクアップさせています。

一度は身にまとってみたいハリー・ウィンストンのダイヤモンドの輝き。

ブランドを象徴するHとWのプラチナ台座でセッティングした「HWリング」は、0.5カラット台で120万円代と価格帯もハイエンドなだけに、身をつけるだけでも背筋がしゃんとしそう。

たとえ気持ちが沈んでいるときだって、気分を奮い立たせてくれそうな永遠の憧れジュエリー。いつかは私も...と憧れつつ、オンナに磨きをかけて。

top image by gettyimages

by aica