1か月後に迫ったバレンタインデー。いつも悩むのが、職場の人に渡す義理チョコです。

渡す人数が多いとなかなかの出費になるし、かといってあまりにしょぼいものはあげられない。毎年、ああでもないこうでもないと悩んでは、チョコ売り場の前をウロウロするはめに...。

でも今年のバレンタインは、いつもよりラクできそうなんです。

欲しいチョコを最短で購入できるサービス開始

この度、総合オンラインストア「Amazon」がバレンタインデーに向けた特設ページをオープン。約3,000種類もの豊富な商品のなかから、種類や価格帯を絞って選ぶことができるんです。ラインナップされているブランドは、有名どころの『GODIVA(ゴディバ)』や『Lindt (リンツ)』、老舗の『伊藤久右衛門』や『Caffarel(カファレル)』など。

20160114_valentaintop1.jpg「義理チョコ」や「変わり種チョコ」など、明確にカテゴライズされているので、自分が欲しいものをすぐに見つけることができます。もう、わざわざお店に行って一通り商品を見て回る必要はありません。忙しい社会人にはうれしい限り!

また、チョコだけでなく、一緒に贈りたいプレゼントを探すことも可能

20160114_valentain2.jpgとくにお世話になっている上司や先輩には、感謝の気持ちを込めて何かひとつプラスするのもいいかもしれません。

義理チョコ選びのストレスから解放!

毎年悩んでいた職場の人への義理チョコ選びを、スピーディに済ませることができる「Amazon」のサービス。使わない手はありません。

どうせならいっそのこと会社に配送してもらうのもアリ、かも!?

[Amazon]

top image via Shutterstock

文/近藤うらら