先日、ハリウッド女優のアン・ハサウェイが、とてもハッピーな写真をInstagramにアップしました。

赤いビキニを着てにっこりとほほ笑むアン。お腹には夫であるアダム・シュルマンとの第一子が。愛おしそうにお腹を包み込む姿に、母親としての愛を感じます。

じつはアンがビーチで遊んでいたところ、パパラッチに写真を撮られてしまったのだそう。そこで、「どうせ世に出回るなら...」と、前もって自分の写真をアップしたのだとか。

私のビキニ姿が世の中に出回ってしまうのなら、せめて私がハッピーだと思える写真であってほしいと思ったの。(私の承諾があるもの、そしてフィルターがかかかっているものをね!)

Instagramより翻訳引用

ハリウッドセレブのような有名人は、妊娠をしてお腹が大きくなってくると、どうしても好奇の目で見られることが多くなります。そのため、パパラッチもその姿を写真におさめようとしてくることに。

しかし、自身の変化を受け入れ、堂々と世間に公表するアンは、とても凛とした強さを持っている女性だと思います。そしてユーモアを忘れないのも彼女の魅力のひとつです。

世間の批判に立ち向かうセレブたち

アンだけでなく、セレブは常に注目を集める存在。ときには外見に対して心無い言葉をかけられることも。

でも今ハリウッドでは、「自分のありのままの姿を愛してあげよう」という考えのもと、世間の批判に果敢に立ち向かうセレブたちが増えています。

幸せは自分の心が決めるもの

「何と言われようと私は幸せよ」批判に負けないガボレイ・シディベの強さ

コンプレックスが愛おしい!

「人間って不完全なものよ」自分のコンプレックスを愛する海外セレブの名言

ヤセていてもぽっちゃりでも関係ない

人はそれぞれ違うからこそ美しい。セレブが教えてくれた本当の美しさ

美しさに必要なのは、体力

目指すはマドンナ。10年後、20年後の美しさのために必要なもの

さまざまな価値観が溢れる今の時代に、型にはまった「美しさ」を押し付けることはナンセンス。「自分は自分だ」と受け入れることのできる心の強さこそ、もっとも美しいと言えるのではないでしょうか。

image by gettyimages

文/近藤うらら