男女のリアルな生活&恋愛事情を取材し、すぐに実践できるテクニックをお届け。恋に効いて素敵に変身できる「恋愛サプリ」。いい女は、普段のちょっとした心がけから作られます。

男友だちが急に気になりはじめたら

「アリ派」と「ナシ派」でなかなか決着しない男女の友情問題。もしも友だちと思っていた人を好きになったら、恋って認める? それとも友情をキープしたい?

男友だちを好きになったかも...という場合、どんなに百戦錬磨の恋の達人も戸惑ってしまうものですよね。

今回は、友情が恋心に変わったとき、相手の気持ちを確かめつつも、関係性を静かに発展させることができるテクをご紹介いたします。

男友だちに恋人ができたときのことを想像

男友だちに、もし突然「彼女ができた」と告白されたら...。こんなシーンをリアルに想像してみて。

このとき「悲しい、心から祝福できない」と思えたら、完全に友情が恋に変わった証拠。

もし「胸がチクッとはするけれど、しかたがないかもな」という程度であれば、まだ友情の気持ちのほうが勝っているので、ことを荒立てずにそのままの関係性をキープしたほうがいいかもしれません。

問題は、自分の気持ちを「恋だ」と自覚したあと。友だちのままでいたら、想像した通り、いずれ相手はあなたに恋人を紹介してしまうかもしれません。

そうなる前に自分の気持ちを相手に伝えておきたいですよね。ただその伝えかたが問題。もしかしたら友だち関係が終わってしまうかもしれないのですから。

そこで相手に探りをいれつつ、気持ちを伝えるベストなジャブがこれ。

「あなたに恋人ができたって言われたら、どう受け止めていいかわからない」

「好き」以外の言葉でなにげなく気持ちを伝えるギリギリの投げかけです。

答えは相手の反応でわかる

このギリギリ投げかけを受けた男性は、だいたいの場合「これって、好かれているということ?」と認識するはず。

あとは彼がどうでるかで勝負。「好き」とはっきり告げたわけではないので、解釈は相手にゆだねられるけれども、「僕も同じ気持ち」などの言葉が聞ければ、友だちから恋人へと昇格するチャンス。

もし「またまた〜、なに言ってるの」というような逃げ腰な態度だったら、「だって、恋人に遠慮して連絡とれなくなるから寂しいじゃない」などと答えると、ひとまず友人関係をキープできるギリギリゾーンにとどまることができます。

ただ、「あなたに恋人ができたら寂しい」という気持ちを伝えたことで、男友だちはあなたのことを「異性」として意識しはじめるかもしれないので、いずれにしても効果的。

友情と恋心のその中間地点でさまよってしまったら、ぜひこのギリギリゾーンへのギアチェンジ、試してみて。

image via Shutterstock