簡単でいまっぽく見えるワンカラーコーデ。とくにグレーのワントーンコーデは、グラデーションも楽しみやすく、エッジィな大人っぽさを表現できるので、おしゃれな子たちの間で人気のスタイリングです。

でも、ただワントーンにしただけでは、もはやまわりと差がつけられません!

挿し色を効果的に使って自分らしさを発揮できれば、もっとグレーのおしゃれを楽しめるはず。

ガーリーさを引き出す「×レッド」

MURUAさん(@murua_official)が投稿した写真 -

MURUAさん(@murua_official)が投稿した写真 -

鉄板の組み合わせ、グレー×レッド。グレーの上品でやさしい雰囲気を、印象的なレッドで引き締めることで、ガーリーさをプラス。

くすんだレッドよりも、ビビッドなレッドのほうがトレンド感を強調できます。そして、レッドの分量が少ないほどより落ち着いた印象に。レッドの分量が多いほどガーリーさがアップします。

そんなレッドの分量の調整で、雰囲気の変化を楽しんで。例えば、少なめにする場合は、レッド要素はリップやネイルだけでもいいのかも。レッドポイントがグレーにパッと映えて、華やかさを引き立てます。

高感度に見せる「×ベージュ」

A photo posted by michi (@mm____life) on

グレー×ベージュというベーシックカラー同士の組み合わせ、意外と見落としていませんでしたか? じつは、これこそおしゃれ上級者に簡単に見せられるカラーリング。

このとき気をつけたいのは、カラーの分量バランス。あくまでグレーの分量を多めにしてベージュの分量は少しだけにしたほうが、挿し色っぽさを強調できて、おしゃれ度がアップします。

素敵感をプラスする「×ゴールド」

A photo posted by rie (@hotsandchan) on

ゴールドを挿し色として考える場合は、基本的には洋服ではなく、バッグやシューズ、アクセなどの小物でオンするほうが、デイリーファッションにはなじみやすいのでおすすめ。

例えば、バッグのチェーン。それだけでも、十分に存在感があります。むしろ、キラキラと輝かせるべく、ゴールドは一点に絞るべき。大ぶりピアスやネイルなどでも、効果的に見せられます。

洗練リラックスな「×ボーダー」

A photo posted by aki (@midwest_aki_) on

挿すのは何も「色」だけではありません。「柄」を挿すのも、もちろんアリ。デイリー服の定番柄といえば、ボーダー。カジュアル感の強いボーダーは、グレーと合わせることでさらに魅力を発揮。

最近着ていない、クローゼットに眠っているボーダートップスを早速引っ張りだしてみて。ぼやけてしまいがちなグレーの印象を、ボーダーが引き締めてくれ、リラックス感がありつつ新鮮なスタイルにランクアップ!

鮮やかカラーを、多数挿す

A photo posted by KOZ (@koz00) on

挿し色は何も1色だけでなくてもOK。2色や3色など、上手に組み合わせると、より個性を発揮できます。このときに注意したいのは、カラーの分量。多色を挿し色に使う場合は、あくまで「チラ見せ」にとどめる程度で。

例えば、折り返した袖で見せるとか、チラリと見えるソックスで見せるとか。くすんだカラーよりも鮮やかなカラーのほうが目立ちやすいので、そこも気を使いたいところ。

今日はこの色にしよう、と都度新しい色を挿し色で合わせれば、そのたびに新たな発見があるはず。

まるで、コーディネートのパズルみたいで、楽しい!

こんな風に色遊びができるのも、どの色とも相性のよいグレーならでは。黒よりも上品で、ネイビーよりはカジュアルでいまっぽい。そんなグレーを上手に着こなすと、ファッションがより楽しくなります。

top image via Shutterstock