日常のふとした会話から、男とは......を分析する「男子の生態学」。今回は、友だちOくんの会話をもとに、男性は、じつは寒さでごろごろしている女性に弱いについて、男心を知るための3つのキーワードを紹介します。

「最近、彼女が俺の家に泊まることが多いんだけどさ。朝、全然起きないんだよ。起きようって言ってた時間になって声かけるんだけど、なかなか起きないの。起きる起きるって言う(★1)んだけど、起きなくてそれがもうペットみたいでかわいいんだよね。

基本、毛布にくるまってる(★2)んだよ。丸くなってむにゃむにゃしててさ。寒いから俺も布団に入ってって言われて一緒に寝るんだけどさ。女の子が冬に毛布でくるまってダラダラしてる姿って、なんか愛おしいんだよね。

あと、そうやって寒いからってダラダラしてくれることで楽(★3)なんだよね。休日もデートに行きたがらないし、俺もごろごろしたいしさ。これがバリバリ外出したいって子だったらやっぱりしんどいし」

なかなか起きない(★1)

男性は、きびきびしている女性よりも、どちらかというと干物女のほうが好きです。

なぜなら、自分も一緒にダラダラできるから。気を遣わないで済むので、心も体も休まるのです。

なかなか起きない部分も「しょうがないなあ」とかわいく思えます。

毛布にくるまっている(★2)

男性は女性に癒しを求めています。

毛布にくるまってもぞもぞしている自分の彼女は、愛おしさで思わず抱きしめたくなります。

「寒いから一緒に入ってよ」と抱き合って温め合うスキンシップも、冬ならではの甘えかたです。

つきあっていて楽(★3)

男性にとって、つきあっていて楽かどうかは重要な問題です。

要求の多い女性は、どんなに美人でもつきあっていくと自分がすり減っていきます。

休日はスロースターターで、さらに外出デートがマストでない女性は男性からしたらありがたい存在なのです。

冬ならではと思って猫のように甘える

男性に、冬の寒さを利用して女性のかわいさを見せつけてあげましょう。

少しくらいだらしなくゴロゴロしているほうが、男性としても気を張らずに愛おしく思えます

かわいいパジャマは必須アイテム。寒いからという理由をつけてどんどん男性に甘えていきましょう!

image via Shutterstock