社会人になると、まとまった休みを合わせるって結構難しい。気ままにひとり旅を楽しむようになった人も多いのではないでしょうか。

CAも滞在先でひとりで行動することが意外と多いんです。いくら回数を重ねても、やっぱり海外だと不安なときもあります。どこで、滞在先で習慣にしている、やっておくと安心な3つのことを紹介します。

チェックインしたら、まずバスルームをチェック

フライトの疲れをとるために、スーツケースを開けてまずお風呂へ。そこで、シャワーをひねると、水が出てこない!? お湯が出ない!...はたまたトイレが流れない! 日本では考えられないほど、このようなことが頻繁に起こります。

すぐにハウスキーパーに電話して、「OK! 今行くよ」と言われて安堵できないのが海外。そのまま30分、1時間待ちぼうけなんてよくあること。しまいには散々待たされたあげく、直らないから他の部屋へなんてことにも...。

一度ほどいた荷物を再びパッキングして移動なんて、旅の疲れを倍増させるだけ。チェックインしたらまずは、バスルームのチェックは欠かせません!

ホテルのメモパットを1枚ピックアップ

ふらっとごはんや観光に出かけたものの、帰り道がわからなくなっちゃった! なんてことありませんか。タクシーに乗って、ホテルの名前を伝えても、似ている名前のホテルがあると、全く違う地域まで連れて行かれることも。

そんなときのために、ホテルの住所、電話番号が印字されているメモを1枚持っていけば、安心です。出かけにサッ1枚ピックアップするだけで、安心してお出かけできます。

ポケットには少しのお金のパスポートのコピー

スリなんて本当にいるの?と思うかもしれませんが、海外を歩き慣れているCAでもスリにあったりします。国によっては、警察に頼んでも電車賃さえ貸してはくれません!

とりあえず、ホテルまで帰れるお金はバッグ以外にキープしておくのは、どんなに歩きなれていても準備しておくべき。また、パスポートは持ち歩かず(持ち歩きが義務付けられている国もありますが)、顔写真のページをコピーして持ち歩くようにしましょう。

人任せにできないひとり旅は、ちょっとした確認と準備が、何かトラブルになったときに効いてくるものです。

image via shutterstock

文/kana