カサカサした乾燥肌は柔軟性が失われ、老け込んだ印象になってしまいます。

どんなに乾燥していても、しっとり触れてみなたくなるような、艶やかなベルベットスキンを手に入れたい。そこで、ベルベットスキンになるケアアイテムを紹介します。

ソルトではなくシュガーで角質ケア

冬のお肌は皮膚の角質層の水分含有量だけでなく、実は皮脂量も減少して角質が毛ば立ちお肌のバリア機能も低下します。そして気づけばトラブル肌に...。そんなナイーブな冬肌のカサカサした古い角質ケアは、粒子の粗い「ソルトスクラブ」でケアすると余計なダメージを肌に与えがち

ソルトは余分な水分を排出してくれる働きがあるので、むくみなどのデトックスにはおすすめですが、水分量が低下したこの時期のお肌にはかえってマイナス!

冬のナイーブな肌にはソルトよりも、優しい肌のあたりと低刺激のシュガースクラブでのケアがぴったりなんです。砂糖に含まれてる成分には保湿効果あるので、使用後のお肌はツッパル事なくモッチリ肌になります。

スクラブはゆっくり優しく

スクラブケアで重要なのでは、強い力で無理に肌をケアするとかえって負担がかかってしまうこと。乾燥し古くなった角質は、ゆっくり湯舟に浸かり、体の汚れをきれいに洗いながして、肌も角質も温めて柔らかくしておくのが重要なポイント!

そして濡れたままの状態で、シュガースクラブをクルクル円を描くように、力を抜いて優しくなじませるようにマッサージ。温まった肌にシュガーをのせるとじんわり溶けてお肌に浸透していくので、保湿効果が期待できます。

濃厚な潤いで作られるベルベットスキン

シュガースクラブは肌のくすみをとる働きもあるので、しっとり柔らかくなった肌はワントーン明るい印象に。スクラブ後は保湿力が高まった状態になるので、化粧水や乳液、オイルなどの浸透力も高まり、キメが細やかなベルベットスキンへ誘います。翌日のメイクのりもスムーズに!

広範囲な体全体のケアには「ジョヴァンニ チョコレートシュガースクラブ」がおすすめ。オーガニックシュガーと細かく砕いたくるみの殻で、古い角質を優しく除去してくれます。はちみつやシアバターなどの保湿成分も配合されているので、スクラブでケアした後の肌は洗い流したあとは既に入念に保湿ケアしたような、なめらかな潤いを実感できます。

チョコレートと言ってもベタベタした感触はなく、カカオの甘い香りはスイーツを味合うような、少しリッチな気分で心も体も満たしながらボディケアを楽しめます。今年の冬はシュガースクラブで肌の調子を改善し、カサカサ肌から潤いを保ったベルベットスキンをキープしたいです。

image via Shutterstock

文/rie