みなさんこんにちは、ヘアメイクアーティストの新見千晶です。

だんだん寒くなってきて冬のファッションが楽しくなるこの季節。ふわふわとした素材が多い冬服には、クリームチークで作るほんのり上気したような色っぽい頬がぴったりです。

しかしクリームチークを使うとき、「ムラになりやすい」「ついつい濃くつけすぎてしまう」「一度塗ると直せない」......といったように、難しいと感じる人が多いみたい。

そこで今回は、絶対に失敗しないクリームチークのメイク術をご紹介します。

チークはファンデーション用ブラシでやさしくタッチ

20151111_cheek2.jpg

資生堂 ファンデーション ブラシ 131
1,800円(税抜)


クリームチークは、指でのばすとどうしてもムラになりやすいのでブラシを使用した方が◎。

そのときに、チークブラシではなく、ファンデーション用の先が丸くてコシがあるブラシを使うのがコツです。そうすることで、つけすぎを防ぐことができます。

▼HOW TO

1. クリームチークをファンデーションブラシの先につける
2. 笑うと頬のぷっくりする部分を中心にして、そこから放射線状に少しずつ塗り広げていく

成功のポイントは少しずつちょんちょんとやさしいタッチで塗り広げていくこと。ほんのり自然な血色感を演出することができます。ムラになることもなく、ワンランク上の仕上がりに。

おすすめアイテム

20151111_cheek3.jpg

BCL ビューティーマインズ クリームルージュ 01 キャンディレッド
1,200円(税抜)

『BCL』の「ビューティーマインズ クリームルージュ」は、チークにもリップにも使える、とても便利なアイテムです。お出かけのときのメイク直しにもぴったり。

20151111_cheek1.jpgキャンメイク クリームチーク 05 スウィートアプリコット
580円(税抜)

『キャンメイク』の「クリームチーク」はコスパが良いので、さまざまなカラーを試せるのが嬉しいシリーズ。自分に合ったカラーを見つけたいものです。

冬はクリームチークで色っぽい頬に

寒い冬はどうしても血色が悪く見えてしまいますが、クリームチークを使えばほんのりと上気した色っぽい頬を演出できます。ひとつ持っていれば損はない、おすすめアイテムです。

top image via Shutterstock