150304_diet1.jpg

cafeglobeからの転載)

「すこし太ったんじゃない?」パートナーからそんな言葉を受けたことはありますか? 

親しい間柄ゆえ、他人にだったら遠慮するような体型に関する意見も、率直に言われることがあると思います。

もしくは、パートナーがまったく気にしていなくても、自分自身が相手に対して「減量しなくちゃ」といったプレッシャーを感じている場合もあります。ところが、ダイエットにおいてはこうしたパートナーからのプレッシャーは逆効果となり得るのです。

彼からのプレッシャーで体重が増加!?

海外の健康情報サイト「MindBodyGreen」によると、

体型に関して、パートナーから批判ではなく、受容的な言葉をかけてもらっている女性のほうが、より健康でより減量に成功する

MindBodyGreen」より意訳引用

という研究結果が報告されているとのことです。

カナダの大学で行われたある実験では、187人の女性の被験者に対して、彼女たちの体重に関するアンケートをとりました。そのなかで、「自分の体重について話し合ったときのパートナーの反応」について聞いたところ、回答は次のふたつのカテゴリーに分かれました。

自分の体重を受け入れてもらっていると感じる。もしくは、減量のプレッシャーを感じさせられている。

MindBodyGreen」より意訳引用

そして、この回答の違いがその後の被験者の体重の変化にも現れます。

9か月後、自分の体重を受け入れてもらっていると感じたグループの体重の推移は、「現状キープ」もしくは「減量」だったのに対して、プレッシャーを感じていたグループの体重は「増量」という結果になったのです。

よく、「あれを食べてはいけない、これをしなくてはいけない」というプレッシャーはダイエットには大敵だと言われるように、パートナーからのプレッシャーもダイエットにはマイナスの要素でしかありません。

自分の愛する人からの言葉は、毒にも薬にもなり得ます。より美しくなるためにも、体型に関してはパートナーからは常に「温かい言葉」をもらいたいですね。もちろん、相手の体型を受容することもお忘れなく。

MindBodyGreen

(メーテル徹子)

happy couple image via Shutterstock

こちらもオススメ、cafeglobeの注目記事:
断然、白! この春の注目カラーをオスカー女優に学ぶ
春は毛穴がつまりやすい。明るいモチ肌を手に入れるフェイシャルケア
ダイエットに成功するメンタルのつくり方