150203biore01fix01.jpg

「朝起きたら、まずはカーテンを開けるんです。そうすると体が目覚めてくれます」

朝からアクティブに過ごしている「おはよう美人」といえる、遥香さん(26歳)。テレビ局のディレクターとして働いていて、1年前から朝活が習慣になっているんだそう!!

仕事も忙しいのに、なんでできるの? そのモチベーションはどこから?

遥香さんの朝の過ごしかたを聞けば、「私もできるかも♡」と素直に期待が膨らむ、そんな素敵なヒントがいっぱいありました。

朝のタイムスケジュール。目覚めのスイッチを教えて!

7時 起床。起きたら、すぐにカーテンをあけるのが日課。朝陽を浴びることで目が覚める。

外の天気を見つつ、テレビのニュース番組を見る。お湯を沸かしてる間に、顔を洗う。

7時15分 洗顔後、化粧水で肌を整えて、メイクをはじめる。15分くらい。お湯が沸いたらカフェオレを用意。

冬も夏も甘いホットカフェオレを飲む。体があったまるし、甘いものを飲むほうが個人的には目が覚める気がする。

7時30分 朝ごはんを作る。朝はグラノーラヨーグルトがお気に入り。アサイーは必ず飲む。あとは季節のフルーツとスープ。スープはインスタントのときもあるし、前日の夜に作ったコンソメ野菜スープのときも。

朝活の日は、朝ごはんに自分の好きなフルーツをご褒美に出す。これで朝は起きられる。

7時50分 食べ終わったらすぐ洗いものを片づける。一人暮らしをはじめたときから「片づけはすぐ」を習慣にしている。

8時 出発。

8時15分 カフェに入って、朝活開始。いつもはスタバへ、たまにタリーズへ。朝活は週に2回のペースでやってる。

9時30分 カフェを出て、出勤。

モチベーションの秘訣は「カフェ」でやること

1、韓国語の勉強

150203biore02fix.jpg

「韓国語の勉強は、はじめて1年になります。きっかけは高校生のとき、母が韓流好きで影響を受けました。その後、韓国へ旅行に行ったら、韓国の女性は本当にパワフル! 素直に感情を表すところがおもしろくて、あと美の追及がすごいですよね。食べ物がおいしいところも好きです」

150203biore03fix.jpg

「いまは年に1、2回は、仕事やプライベートで韓国に行くので、そのときに会話ができるようになりたいなと思って、勉強しています」

――お家ではなくカフェでやるのはどうして?

「やっぱり気分転換になるので。あとテラスに座るときは、人間観察することもあります。仕事柄もあり、社会の人々を見るというか(笑)」

2、読書
150203biore04fix.jpg

「もうひとつの朝活は読書で、気になっている本を読みます。好きな作家は、有吉佐和子さんや林真理子さん。女性が活動的で積極的な話が好きですね。あとは自己啓発本や、映画や映像の本も読みます」

――いま、どんな本を読んでいるんですか?

「昭和の女性の話です。女性があまり仕事をしていない時代に、口紅の会社に就職した女性が、男性と関わりつつ、自分というものを持って、仕事をやっていく。

男性社会だからこそ、女性らしさが活きる。いま私がいるテレビ業界でも女性だからこそ作れるものがあって、それは私にとって大切なことなのかなって、刺激を受けました。

自分自身のやる気につながって、最終的には仕事につながるようなものを読んでいることがい多いかも...。読書は本と会話をしている感じで、いろんな人の意見を聞く時間なんですよね」

「好き」を突き詰めることが、自分の豊かさにつながる

――朝活を続けている理由はなんだと思いますか?

「韓国の文化を知ることも、本から誰かの意見を聞くことも、どちらも自分のなかにないエネルギーや発想を得ることで、いずれ自分のなかで反芻されて表に出てきたらいいなぁと思っています」

なるほど。きっと遥香さんが朝活をやっている本当の理由は、目の前のゴール設定ではなく、自分のなかに刺激を受けるため、なんですね。それは選択肢を増やすことでもあり、自分らしさを見つけるひとつの指標になるのかも。

「自分がワクワクしたら、人にも楽しくなってもらえるかもしれない。少なからず誰かひとりには届くかもしれない。そう思う気持ちが、朝の自分磨きの時間につながってるのかもしれません」

おはよう美人になるためのヒントを、遥香さんからたくさん教えてもらったような気がします。いつかの自分のために、私も朝活をチャレンジしていきたいと思います。

とはいえ、忙しい朝に時間を作りだすのは、なかなか大変。そんなときこそ、時間短縮につながるアイテムを上手に使いたいところ。

時間のない朝でも、おはよう美人のキレイを作ってくれる洗顔

150203biore05fix.jpg

どんなに忙しい朝でも、しっかり洗顔料を使って洗顔をするという遙香さんに、今回、押すだけで泡が出てくるビオレの「マシュマロホイップを体験してもらいました。

忙しくてもキレイを手抜きしたくない、そんな人にピッタリの洗顔フォームです。

「私の洗顔の決め手は『泡』。いつも泡立てるのに時間がかかってしまうのですが、これは泡がすぐ出てきていいですね。ふわふわ~♡ 軽くてやわらかくて、空気感が気持ちいいです」

150203biore07fix.jpg

「香りはフローラルなんですね。キレイを予感させるような、女子気分があがる香りですね。私はピンクが好きなのですが、なんかピンクっぽい香り♡ 洗い上がりもしっとり感があって突っ張らないですね」

朝も洗顔したほうがいいの?

150212biore01fix01.jpg

朝は水だけ洗顔でいいと思っている人、要注意かもしれませんよ。

寝ている間にも皮脂は分泌され、その一部は肌への刺激となる「変性皮脂※1」になるんだそう! それは寒い季節ももちろんのこと。

なんか化粧ノリが悪いなぁ、肌荒れや毛穴の目立ちが気になる...もしかしたら、それは変性皮脂※1がしっかり落ちていないことが原因のひとつかも。

ビオレのマシュマロホイップは、肌にほとんど負担をかけずにすっきり汚れを落とす「SPT(肌清浄化技術)※2」を採用。

ふわふわのマシュマロ泡で「洗うスキンケア」、試してみるのもいいかもしれません。

>>「おはよう美人」をつくる朝の泡洗顔をチェック!

※1 不飽和脂肪酸 ※2 Skin Purifying Technology
Photo:Hidenobu Kasahara
morning coffeeweather image via Shutterstock