150122goodmorning.jpg

いい女は、朝からポジティブです。1日の始まりを心から楽しみにしており、もちろん、二度寝なんかしないで目覚めもすっきり。

今回は、そんないい女がしている朝の習慣をご紹介します。

会社に行きたくない? 気持ちがネガティブになる理由

寒いからといって窓を閉め切っている人も多いのではないでしょうか?

部屋の空気はホコリやチリなどで思っている以上に汚れています。さらにこの時期、結露によって湿気が溜まり、カビやダニが発生しやすい悪環境。

こんな状態の部屋は、空間の気が淀みやすく、気持ちが停滞しやすくなるんです。

なぜ部屋の空気が気持ちに影響するの?

たとえば、落ち込んでいる人と同じ時間を過ごしていたら、自分まで気持ちが沈んでしまった...という経験はありませんか?

じつは、考えていることや感情、言葉は、空間にも影響を及ぼしているのです。

自分の想いが部屋に蓄積されると、気もどんどん滞っていくので、ネガティブ思考になりやすかったり、やる気が出ないなどの悪循環になるのです。

いい女は朝起きてすぐ窓を開ける!

すっきり目覚め、「今日も頑張ろう!」と思えるステキな女性になるには、朝起きてすぐ、窓を開ける習慣を持つこと。

朝の新鮮な空気を部屋に取り込むにより、部屋のエネルギーが入れ替わり、気持ちも自然と明るく、ポジティブになります。

6~8畳の空間であれば、換気に必要な時間は5分だけ。対極の窓を開けて、部屋の中心に風が通るようにしましょう。

ワンルームなどで窓が対極にない場合は、換気扇を回しながら、一か所の窓を開けるだけでもOK!

二度寝が習慣になってしまっている人は、ぜひ、この朝の換気を習慣にしてみてください。気持ちも、日中の過ごしかたも変わってくるはずです。

衣装協力/ニット、ワンピース(Marblee/マーブリー)


(スピリアルコーディネーター/MERUMO)