150104lip.jpg

女っぽさを象徴するパーツでもあるクチビル。リップケアで潤いや柔らかそうな質感を保つことはできても、案外難しいのが「縦ジワ」のケア

せっかくキレイにリップメイクをしても、口紅やグロスが縦ジワに入り込んで色がよれちゃっては台無しです。

年齢とともに縦ジワが目立ってしまうのは仕方ない部分ですが、ちょっとした点に気をつけるだけで、縦ジワを最小限に抑えることができるんですよ。

横にすべらせず、叩き込んで塗る

口紅やグロス、リップクリームを塗るとき、横にすべらすようにして塗る行為が、縦ジワを加速させているんだそう。

こちらの記事でも紹介していますが、横方向に無理に引っ張ることで、皮膚(クチビル)がたるんだり不必要に伸びてしまうんです。

リップクリームは縦に塗るように心掛ける。口紅やグロスは、ポンポンと叩き込むように塗ると、横方向へ負荷をかけずに塗ることができます。

また、叩き込むように塗ることで、縦ジワの奥に色が入り込み、縦ジワをしっかり埋めてくれるという効果もあります。

グロス先行で縦ジワをカバー

口紅を塗ったあとにグロスを重ねるのが普通ですが、グロスを先に塗って、上から口紅を重ねることでも縦ジワ防止に。

グロスが膜を張ってくれ、縦ジワに色が落ちるのを阻止してくれるんです。

また、グロスをあとで塗ると、先に塗った口紅の色をぼやけさせてしまうこともありますが、グロス先行塗りならその恐れもナシ。

グロスはサラッとしたものではなく、粘度の高いねっとりしたものの方がより効果的です。

いくつになってもむっちりしたハリのあるクチビルでいたいから、縦ジワを作ってしまう習慣には気をつけようと思っています。

makeup image via Shutterstock