150113jeshika2.jpgいま、全世界の女性を虜にしている衝撃のラブストーリー『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の映画化に伴い、同作品の宣伝ミューズに就任したのが、モデルの道端ジェシカさん。

ジェシカ流『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の楽しみかたに続いて、ジェシカさんの恋愛観についてお話を聞いてきました。

―まず、原作を読んだ感想はいかがでしたか?

日本に上陸する前から、全世界ではベストセラーになっていて、私の周りの外国人の友だちもけっこう読んでいたんですけど、実際読んでみたら想像以上におもしろくて。こんなにもいい意味で裏切られたのは久々だなって思いました。

141215fos02.jpg

141215fos03.jpg

―いちばん印象的なシーンは?

あまりにも色々なことがありすぎて、ひとつに絞るのが難しいですけど(笑)、彼と彼女がはじめて男女の関係になったシーンがいちばん印象に残っています。もう、何度も読み返したい感じ。彼・グレイが、主人公のアナにすごく色々なサプライズを用意しますよね。そのスケールがあまりにも大きすぎて想像しづらいところもあるけど、(予告なく突然)現れたりするところとか、好きですね。

―この作品では、ふたりは運命の出会いをしますが、ジェシカさんは、運命の出会いを信じますか?

私、一目惚れとかないんです。顔のタイプとかも一切なくて、友だちが街で「あの人カッコイイ」とか言ってても、性格も知らないのに、どうして好きになるのかわからないって思っちゃう。性格からしか入れないので、今までつきあってきた人も全員見ためのタイプは違います。

―では、どんな男性が好みですか?

おもしろくて一緒にいて楽しくて、マジメで優しい人かな。

―ファッションとかは?

全然関係ないですね。

―恋愛することにおいて、ジェシカさんが大切にしていることはありますか?

恋愛に限らず、どんな人間関係も、お互いのリスペクトが無ければ成り立たないと思うんです。それが成り立たないと、上下関係が出来てしまう。必ず尊敬する部分が人には絶対あって、私はそこを見るようにしています。たとえば私以外の人...、家族や友だちだけでなく、レストランに行ったらウエイターさんに接する態度とか、そういうところを見ちゃう。常にナイスでいろとは言わないけど、人に対する態度は大切だと思います。

しっかり相手を理解してから徐々に好きになる。すごく当たり前だけど、堂々ときっぱりとそう答えるジェシカさんは、とっても大人で芯の強い女性で、素敵だなぁと思いました。

次回は、幸せな恋愛をする方法についてお届けしますので、お楽しみに!

2015年2月13日(金)<バレンタイン>全国ロードショー
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
(C)2014 Universal Studios
配給:東宝東和

スタイリスト/百々千晴、メイク/早坂 香須子、ヘア/今泉亮爾