141210bose01.jpg

今年も残りわずか。振り返ってみると、「今年も目標のダイエットに成功しなかったなぁ」「忙しさに追われて、趣味の時間を充実できなかったなぁ」と、心のモヤモヤがちらほら...。

でも、そのモヤモヤ、「いい女」は翌年まで持ちこさないみたい!

グリッティで「いい女」カスタマイズを提案している臨床心理士・山名裕子さんに、「いい女」が新年を迎える前にやっていることについて、詳しくお聞きしました。

yamanayuko.jpg臨床心理士(心の専門家)。1986年5月7日生まれ。静岡県出身。著名な精神科医師の父を持つ心理学会のサラブレット。心理学資格の中で最難関とされる「臨床心理士」の資格を取得し「やまな mental care office」を東京青山に開設。カウンセリング文化が定着している欧米に比べ、まだまだ偏見の残る日本でカウンセリングの大切さを伝えるため、メディア出演をはじめ幅広く活動中。

「いい女」は心のバランスを取るのが上手

141120bose02.jpg「いい女」と言われる女性には、ふたつの特徴があるんだそう。

・大いに働き、大いに遊ぶ女性
プライベートと仕事、両方のバランスが取れていると、ストレスが溜まりにくく、モチベーション低下も防げます。これにより、いつでもフレッシュな状態でいられます。

・自分のことを理解して、人と上手に付き合える女性
自分の強み、弱さを理解できていると、不安定な状況になっても対策を立てられます。また、それを活かして上手に振る舞えます。

山名「この状態でいるためには、心の安定が大切です。とくに日本の現代女性は、美への意識が高く、SNSのコミュニケーションも活発なので、日々、仕事やプライベートで忙しくしています。

なかには仕事を休んだら周りから取り残される気がして、休むことを怖がる人もいるんです。

でも、心と体をリフレッシュさせるタイミングを持った方が、かえって仕事や悩み解決の効率がよくなるんですよ

山名さんは、毎年年末は時間の許す限り、1年の間に溜まったものをデトックスする旅へ出かけているんだそう。

デトックス旅では、がんばらない素の自分で過ごすこと

141210bose02.jpg

山名さんが「心のデトックス旅」で意識しているのは、気取らない、素の自分でいること。

<「心のデトックス旅」に持っていくアイテム>
・お気に入りの香水(アイマスクなどにつける)
・ハンドクリーム、マスクなど、乾燥対策アイテム
・むくみとりの靴下
・好きな音楽とモバイルバッテリー
・美容フェイスマスクやヘアトリートメント

「せっかくのひとり旅だから、あまり人目は気にせず、心の底からリラックスできる環境を作ることが大切です。だから私はいつも、スニーカーにホットパンツで海外旅行に出かけています(笑)」

意外と忘れがち。移動中の時間は、耳からデトックス

141210bose03.jpg山名「聴覚で感じる心地よさも、 心のデトックスには効果的です。

とくに飛行機での長距離移動の場合は、好きな音楽をかけて、旅先へ着くまでのワクワク感を高めたり、嫌なことを忘れたりすると、旅行がもっと楽しくなりますよ。

よりデトックスタイムを満喫するには、周りの音をきっちり遮断してくれて、音楽に集中できるノイズキャンセリング機能のあるイヤホンがおすすめ」

心のデトックス旅に活躍してくれるイヤホン

今回、そのノイキャン性能が高いという『Bose QuietComfort 20i』を、山名さんに使ってもらいました。

141210bose04.jpg

山名「何より、音のクリーンさに感動! 私のメンタルケアオフィスでも、スピーカーはBoseを使っていて音質には信頼をおいていますが、イヤホンも期待を裏切りませんでした。

そして、音が優しいのも、このイヤホンの魅力ですね。耳に心地よい音を聴くって、癒しにはとても大切なポイントなんですよ。

心地よいといえば、イヤホンの装着部分のフィット感もよかったです。ノイキャンって、もっと耳を圧迫するのかと思いましたが、そんな違和感は感じませんでした。

あと静かな場所で賑やかな音楽を聴きたいときも、音漏れが少なくて安心でした」

141210bose05.jpgBose QuietComfort 20i』はBose初のイヤホンタイプのノイズキャンセリングモデル。旅にヘッドホンは重いしかさばるので、機能性も高くてコンパクトで軽量なイヤホンはうれしいですね。

また、Bose独自のStayHear+チップを搭載しているので、遮音性が高く、長時間使用しても疲れないんだそう。音楽を聴きながら、駅のアナウンスなどの必要な音も逃さない「Awareモード」もあるので、普段使いできて安心です。

どこでもできる。11秒のデトックス呼吸法

141210bose06.jpg山名さんに、飛行機のなかでできる、腹式呼吸のデトックス法をお聞きしました。腹式呼吸するだけでも十分ストレス発散になるそう。

1、目を閉じ、おへその下あたりの「丹田」と呼ばれる場所を意識しながら、口をすぼめて6秒間、お腹からゆっくりと息を吐き出します。このとき、抱えているストレスも一緒に吐き出すイメージで。

2、そして、4秒でいっきに鼻から息を吸います。このとき、ポジティブなことを思いながら、にこやかに、よい気がお腹に溜まっていくイメージで。お腹を空気でいっぱいにして、1秒間息を止め、吐き出します。

簡単なので、これならいつでもどこでもできますね!

心のデトックス旅は、五感をフル活用して

141210bose07.jpg旅の間は、五感すべてを使って感じることが大切。

山名「私は旅先では、キレイな景色をみたり、おいしいご飯を食べたりするだけでなく、自然の音に耳を傾けたり、あえて観光地でジョギングしたりして、心にいつもと違う刺激をあげています。

ひとりで旅をすると、お友だちと一緒の旅行では出せない『ありのままの自分』でいられ、心身ともにリラックスできるから、オススメ!」

あなたはどこへデトックスしに行く?

最後に山名さんにおすすめの旅先について、教えてもらいました。

・落ち込んだり、モヤモヤ気分をデトックスしたいとき
自分を見つめることができる温泉宿などがおすすめ。ゆっくりお湯に浸かってリラックスしながら、自分の良いところや1年頑張ったことを褒めてあげて。きちんと褒めて認めて、自己承認欲求を満たし自信につなげましょう。いかに自分に「いいね」や「オッケー」をあげることができるかで、自信や危機状況での対応力は変わってくるんですよ。

・新しいインスピレーションを得たい、仕事のモチベーションを上げたいとき
ヨーロッパや、世界遺産のある国がおすすめ。日本とは違う世界のセンスに触れて、味わうことで、帰国するころには世界観が変わり、視野が広くなります。

今年のうちに「心のデトックス旅」をして、いい女気分で新年を迎えてみませんか?

>>目的地に着くころには、心を軽くしてくれるイヤホン

文/Ricky 写真/秋山まどか
blackboardgolden autumn image via Shutterstock