141010tokushubeauty1.jpg

「どんなに疲れていても、必ずお風呂に入ります!」と語るモデルや芸能人ってたくさんいますよね。しかも、キレイな人ほど長風呂。

憧れ有名人たちのお風呂美容をぜ~んぶ取り入れたバスタイムで、キレイに生まれ変わってみませんか?

始めの5分でバスルームをカスタマイズ

まずはバスルームを私好みにカスタマイズ。お風呂好きとしても有名な田丸麻紀さんは、入浴剤、キャンドル、水分補給に炭酸水を持ちこんで、半身浴を楽しんでいるそう。

好みの香りとキャンドルの灯りだけで入るお風呂って、とってもロマンティック。

40分の半身浴でデトックス

メイクをオフしたら半身浴の開始。汗が噴き出て毛穴が開いてきたら、角質ケアの出番です。

メイクアップアーティストの濱田マサルさんは、沖縄の天然塩「ぬちまーす」を使って、小鼻などの角質をオフしているんだそう。

15分の酵素パックで色白美肌をゲット

角質をオフしてクリアになった肌には栄養補給を。美容マニアとしても名高いモデルの美香さんは、お風呂のなかで行う、手作りの酵素パック(作りかたはこちら)にはまっているんだとか。

この酵素パック、15分乗せて洗い流すだけでかなり色白になれると密かに話題になっているんです。

30分かけて全身に磨きをかける

今夜はとことんお風呂美容を追求! シャンプー前の頭皮ケア、ボディを洗う前にスクラブケアを取り入れて、全身ピカピカに磨き上げちゃいましょう。

〆はオリーブオイルでトリートメント

最後は平子理沙さん流のオリーブオイルパックで、うるおいチャージ。

食用のエキストラヴァージンオリーブオイルを顔と髪に塗ったまま湯船につかり、15分置いてから洗い流します。しっとりしたツヤ肌になれるんだそう。

ゆったりケアでリラックス

長時間お風呂に入っていたので、体力を奪われてグッタリ。すぐに肌のお手入れをする気になれない~という場合は、お風呂から上がったら美容液をパパッと顔に塗っちゃいます

神崎恵さんは、子育てなどでお風呂上りにゆっくりケアができないとき、この方法でしのいでいたそう。

美容液で軽く保湿をしたので、お風呂上りにすぐケアをしなくても乾燥は食い止められます。ゆっくり涼んで体力が回復したら、いつも通りのスキンケアをすればOK。

トータル2時間のバスタイムで、全身ピカピカのツヤツヤ。たっぷり汗もかいたので、心もリフレッシュしているはず。

秋の夜長は、生まれ変わったかのようにツヤピカな私になれるバスタイムを満喫したいですね。

bathroom image via Shutterstock