141006kawaii.jpg

「眉と目の間隔を狭くすると、外国人風の美人に見える」というのは有名ですが、大事なのに意外と盲点なのが「鼻と口との距離」。一般的に、鼻と口は近いほうがかわいいとされています。

イギリス、ヨーク大の第一印象に関する研究でも、鼻と口との距離が短いほど親しみやすい印象になるという結果が。

昔キュートだった芸能人の顔が、いつのまにか間延びしている! とビックリするのは、年齢とともに顔が下がってきて口元がのびるからなんです。

気になりだすと止まらない、鼻と口との距離。縮めたり目立たなくさせるワザを紹介します。

オーバーリップの意外な効果

リップメイクの際に上唇をオーバーリップに塗ると、物理的に鼻と口が近づくので、顔全体の印象UPに。顔パーツはミリ単位の微妙な違いが美人度を大きく左右するのであなどれません。

さらに上唇、下唇の山にハイライトを乗せれば、めくれ上がったような唇になり、間延び感がやわらぐそうです。

舌の位置を変えれば口角が上がる

口角が下がり口元がゆるんでいると、間延びした印象を与えがち。あなたの舌先は上の歯の裏 or 下の歯の裏どちらにありますか?

下の歯の裏に舌先がくっついている人は危険! 口角が常に下がっている可能性大です。

舌先は上の歯茎の裏側にあるほうが望ましく、さらに芸能人みたいにキリッと引き締まった口元をキープするためには、上の歯茎の裏側より少し上あたりのスポットに舌先を固定させるのが有効的。

口角上げはどんな人にもプラスに働くので、口角がうまく上がらない人はぜひ、舌の位置を意識してみてください。

そのほかネット掲示板では、アイメイクに注目を集めて鼻の下の長さから視線をそらす鼻と口のあいだにチークを入れて引き締め効果を狙う、なんてものもありました。

どことなく顔が間延びしている? と気になる人は、鼻と口との距離に着目すると解消するかもしれませんよ。

elegant-female image via Shutterstock