141007aisaremake6.jpg

こんにちは、ヘアメイクアーティストの新見千晶です。顔の印象が違って見えるくらい、入れるのと入れないのとでは大違いなチーク。

去年はまんまるに入れるチークが流行したけれど、今年は断然「目の下チーク」。頬骨より上に平行ぎみに入れるという新しい入れかたがおすすめ。

目の下がほんのり色づくと、肌の内側からぽっと上気しているようにみえ、色っぽく、色白に見える効果も。その上断然オシャレに見えるから、今年はぜひマスターしてみて!

「目の下チーク」はここに入れる

入れる場所は、涙袋のすぐ下、目頭から目尻を少しオーバーするくらいの範囲が目安。顔の大きさによって入れる範囲が違うので、鏡を見て確認してみましょう。

かわいい! と思えて、不自然にならない範囲に入れるのが成功の秘訣です。

今年流行のチークのカラーは赤やベリー。濃い色は目立ちすぎて不自然と思うかもしれませんが、目の下チークなら、ナチュラルにかわいく見せることができるんですよ。

パウダー、クリーム、リキッドなど、いろいろな質感を楽しんでみて。

今年っぽいチークはこれ!

141007aisaremake5.jpg

アディクション チーク スティック リベンジ・アメージング/各2,800円(税抜)

リップスティックの形をしたクリームチーク。直接目の下にのせて、指の腹でちょんちょんと平行に伸ばしていきましょう。

透明感があり薄づきなので、少しずつ足していくと失敗がありません。もちろん唇にも使えて便利!

141007aisaremake3.jpg

マジョリカ マジョルカ クリーム・デ・チーク RD411木苺クリーム/850円(税抜)

筆タイプのリキッドチーク。目の下にのせたら、すばやく伸ばしていきましょう。透けるようなかわいい血色で、少女のようなあどけなさを演出できます。

141007aisaremake2.jpg

キッカ フラッシュブラッシュ 09/5,000円(税抜)※セット価格

紅潮したようなキュートな頬が手に入ります。

専用のスポンジにチークを取り、目の下にポンポンと軽くスタンプを押すように塗り広げると、簡単にムラなくキレイに塗ることができて嬉しい!

141007aisaremake4.jpg

ナーズ ブラッシュ 4015N・4001N/各3,000円(税抜) 問い合わせ:NARS JAPAN 0120-356-686

パウダータイプなので、ブラシにチークをとったら目の下に置き、サッと平行ぎみに動かして少しずつ塗り足していきましょう。

濃く塗りすぎてしまった場合は、パフにティッシュを包んで軽くふきとると、ムラにならずさらに自然になじみます。

チークを入れる場所を変えるだけで、いつもとは違う表情に。とっても簡単でかわいいから、ぜひトライしてみて♪

cosmetics image via Shutterstock