140917cheek.jpg

リキッドやクリームタイプのチークが大人気。でも、ムラになったり濃くなったり、左右がアンバランスになったりと、使いこなすのが難しいアイテムでもあるんですよね~。

その苦手意識、そろそろ克服しませんか? リキッドチークの上手な使いかたをマスターして、ポっと上気したようなお色気ほっぺを手に入れちゃいましょう。

入れる順番を覚えよう

リキッドやクリームのチークは、ベースメイクの種類によって入れる順番が変わります。

ファンデーションがリキッドやクリームならば、ファンデーションの後にチーク。パウダリーファンデーションの場合は、下地、チーク、ファンデーションの順番でつけると、色ムラになりにくく、自然な発色になります。

直づけはムラになっちゃう

リキッドチークに慣れていない場合は、直接頬につけず、まず手の甲に色を取って、指でなじませてから頬につけるのがおすすめ。

こうすると色の調節がしやすいので、ムラや濃く発色するという失敗も避けられます。

左右のバランスを取る秘策

リキッドチークの悩みでとくに多いのが、左右同じ場所に入れられないこと。コレを解決するには、両手でいっぺんに入れるのがいいんです!

右手の中指or人差し指と、左手の中指or人差し指両方にチークを取ったら、そのまま右手で右頬、左手で左頬、両方いっぺんにチークを入れます

人の体っておもしろいもので、不思議と左右同じ動きになってしまうので、必然的にチークが同じ場所に入っちゃうんです。この方法なら、左右アンバランスになることはほぼないですよ。

これでリキッドチークは攻略できたも同然。かわいいお色気ほっぺの完成です。

young-woman image via Shutterstock