140925inshoumake.jpg

徐々に日差しも柔らかくなり、秋の深まりを感じる季節になりました。秋と言えば、食欲の秋、スポーツの秋、いろいろ浮かびますが、読書の秋というのも素敵ですね。

そこで今回は、読書が似合う、穏やかな知性を感じさせる女性を演出したいときのメイクのポイントをお伝えします!

140925inshoumake2.jpg

なだらかなアーチ眉で穏やかさを表現

眉は、太すぎず細すぎず適度な太さで、なだらかなアーチ型に描くと、穏やかながらスッキリとした印象を与えることができ、女性らしい知性を感じさせることができます。

知的というと、角度が強めのシャープな眉を連想するかもしれませんが、読書が似合う静かな知性には、なだらかなアーチ眉の角度によって穏やかさをイメージさせることが大切です。

肌なじみのよい色使い

穏やかさを表現したいときは、どこか1か所の色が突出して見えるという状態は避けましょう。アイシャドウ、チーク、リップともに、肌なじみのよい色を選んでください。

ただし、肌の色に合っていない色を薄めに塗ると、顔色が悪く元気のない印象になってしまいますので、できるだけパーソナルカラー(肌に対して似合う色)を意識して選んでみてくださいね。

鼻筋には細めのハイライトを

鼻筋に細めにスッとハイライトを入れると、鼻の直線的なラインが強調され、さりげなく知的な印象を与えることができます。

上記のポイントをふまえたメイクで、読書が似合う知的美人を目指してみてください。

reading-book image via Shutterstock