140915photo.jpg女子同士だからわかる、ついやってしまいがちな「女子あるある」。そんな女子のありがちな行動や発言について、深掘りします。

あるある行動

鏡に映った自分と写真の自分の差に驚愕する。

どっちが本当の自分!?

A子:なんかさー、鏡に映る自分と写真に写ってる自分、顔が全然違うんだよね~。

B子:わかるー! 鏡だとかわいいのに写真だとイケてない!!

A子:プリクラは超盛れるのにねー。

B子:なんでだろうね? お風呂の鏡だとめっちゃかわいく見えない!?

A子:そうそう! どっちが本当の自分なんだろう?

B子:どっちも違うよ、いま目の前にいるA子が本物だよ(哲学的)☆

見かたによって顔が違うのは全員共通!

鏡と写真、どっちが本物に近いかというと、それは残念ながら(?)写真みたい! というのも、鏡には左右が反転して写っており、他人に見られている顔とは少し違うんだとか。

なお、とくにお風呂の鏡だとかわいく見えるのは、湯気や照明、近眼な女子は裸眼だと粗が目立って見えないため、などという理由があるようです。

また、駅、オフィス、デパート、居酒屋...。トイレの鏡によっても映りが全然違うのは、光の色や角度、強さなどによるもの。自分の見えかたに過敏になる女心はみんな共通ですが、いちいち一喜一憂するのはバカらしいかも?

Happy girls image via Shutterstock