140829fukou.jpg

男女のリアルな恋愛事情を取材・執筆するライターがお届けする、恋がうまくいく方程式「恋愛サプリ」。普段のちょっとした心がけで、恋はうまく進みますよ。

140516koigaumakuiku_1.jpg

男性からのイメージダウンな不幸話

男女交えて「恋愛トーク」になったとき、気をつけたいのが「過去の彼の話」。せっかく新たな出会いの縁があったとしても、「歴代彼氏が全員ダメ男だった自慢」をしてしまっては、恋のキューピットも逃げていきます!

合コンマスターの男友だちは次のような経験談を話してくれました。

「過去の恋愛話をふると必ずひとりは『不幸自慢女子』がいるでしょ。二股かけられてたとか不倫だったけど本気だったとか。正直男性陣は、この子はその男と同レベルなんだなとしか思わないんだよね。

気の毒とは思うけど、不幸を手放す自由は彼女たちにもあるはずなのに、その状態や男性に甘んじていたってことでしょ? そういう女性に『次はボクが大事にしてあげる』とは思いにくい。むしろ『見る目がないんだな』『面倒くさそう』と思っちゃう」

過去の恋愛話はサラッとが好印象

恋愛だもの。幸せ体験もあれば、そうでない経験だって誰しもしますよね。でもその「不幸な経験」を、なにも初対面に近い関係や状況でわざわざカミングアウトしなくてもいいってこと。

なかには「ダメ恋愛トークのほうが話が盛り上がるから」とサービス精神で披露する女性も多いですが、でも男性陣は心の奥底で引いています

「元彼ってどんな人だった?」など恋愛トークになったときのベストアンサーは、「素敵な人だったよ」とさらりと褒めるくらいでOK。

どれだけひどい振られかたをされたかとか、じつは不倫だったなどの不幸話は、秘めておくほうが正解。別れた原因も「いろいろあってね」「ボタンの掛け違いで」など、オブラートに包んで話した方が、男性陣にとって好印象なのです。

でも元彼をあまりにも褒めちぎると、今度は「過去の恋愛に未練たらたら」と勘違いもされちゃうので、さじ加減にご注意を!

Couple image via Shutterstock