140729summer.jpg

働く男性を対象にしたさまざまなアンケート結果をみていると、70%~90%の割合で、「女性の服装を気にしている」という結果が出ています。

おしゃれな男性が増えたというのもひとつの理由だと思いますが、やはり、服装はその人の趣向や備わっている常識などを表す鏡でもありますから、服装から性格を判断されることも多いようです。

ONとOFFを意識しつつ「きちんと感」のある服装

最近人気なのは、ビジネスシーンではきちんとしたスカートスーツ、プライベートの場ではフェミニンな上品服。フレアスカートの流行からも、女性らしさを感じさせるややきちんと感のある服装が好評価のようです。

また、好む行動の傾向も、電話の応対がよい、敬語がきちんと話せるといった、きちんと感のある行動を支持する声があがっています。

ストレスを感じさせる女性は敬遠される

一方、こういう女性はNGという声には、「ストレスを感じさせる女性」という意見が多くなってきました。

いまは、誰でもちょっとしたストレスを抱えている時代。いちいちそれをアピールしてくるような女性のことは、無意識に避けたいと思ってしまうのでしょう。

では、どのような行動が「ストレスを感じさせる女性だな」という印象を与えてしまうのでしょうか?

〈忙しいが口癖〉

何かにつけて「忙しい」と口に出す女性は、余裕がなさそうな印象や、上手に仕事を処理できていない効率の悪さを感じさせてしまうよう。つい出てしまう言葉ですが、使用頻度に気をつけましょう。

〈気分や相手によって嫌な顔をする〉

一緒にいる相手やそのときの気分によって嫌な顔を見せる女性は、感情的でつきあうと面倒そうな印象を与えてしまうよう。自分でも気づかないうちにふと出てしまうのが表情ですが、場の空気を悪くしてしまうこともあるので、気をつけたいものですね。

Backside image via Shutterstock